コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田子[町] たっこ

2件 の用語解説(田子[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

田子[町]【たっこ】

青森県南部,三戸(さんのへ)郡の町。馬淵(まべち)川の支流熊原川の上流部,奥羽山脈の東斜面を占め,山地が広く,耕地が少ない。ニンニクリンゴタバコ,米を産し,畜産も行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たっこ【田子[町]】

青森県三戸(さんのへ)郡の町。人口7681(1995)。県最南端に位置し,岩手・秋田両県と接する。奥羽山脈東斜面の山地と馬淵(まべち)川の支流熊原川沿いの低地からなり,町域の80%を山林が占める。中世は南部氏が拠った三戸城の支城田子館が置かれた。近世は鹿角(かづの)(秋田県)に至る鹿角街道の宿場町で,10の日の三斎市が開かれていた。現在は米作,タバコ,リンゴの栽培のほか,丘陵地では肉牛,乳牛の飼育が盛んで,広大な放牧地が点在している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田子[町]の関連キーワード野辺地八戸さんのへしちのへしんごうはしかみろくのへ真田太古三戸師親松尾馬奮

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone