コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刀禰 とね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刀禰
とね

(1) 令制主典 (さかん) 以上の官人のこと。 (2) 平安時代中期以降にみえる,市,,村などの役人の称。保刀禰京職によって任じられ,平安京の保の治安にあたった。市刀禰は,東西市の下級の役人。郷刀禰村刀禰は土地の売買に保証を与えるなどの権限をもった。 (3) 伊勢賀茂をはじめとする諸社にいた神職。伊勢の刀禰は,神域の掃除にあたった。 (4) そのほかに,水上交通業者と考えられる河尻刀禰の名もみえている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

刀禰【とね】

律令制下では主典(さかん)以上の官人の称。公事(くじ)に関与する。平安時代には郷・保・村の役人の称となり,公に仕える者の総称となった。平安末期以降は荘官組織の最末端にその名をとどめ,神社の下級神職の称ともなった。
→関連項目和与

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とね【刀禰】

古代~中世における官人・在地有力者の称。(1)公事に関与する官人の総称。令制における主典(さかん)以上の官人をさす場合と,地方行政機関の下級官人をさす場合とがある。前者の例としては,《李部王記》に〈百官主典以上,刀禰と称す〉とあり,また《続日本後紀》承和7年(840)5月9日条に〈右大臣藤原朝臣三守,公卿百官及び刀禰等を率い〉とみえる。後者の例としては736年(天平8)の薩摩国正税帳(しようぜいちよう)や738年の駿河国正税帳に国司史生,郡司主帳,軍団少毅などを刀禰と総称している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刀禰
とね

令制(りょうせい)官職の主典(さかん)以上の長上(ちょうじょう)官の総称。内裏(だいり)における節会(せちえ)の際、官人を召すときに用いることば。平安時代には、京職(きょうしき)の下部組織に保(ほ)刀禰があり、保内の犯罪取締りにあたった。その補任(ぶにん)は京職や検非違使(けびいし)庁によって行われる。京の市(いち)にはまた市刀禰がある。山城(やましろ)国(京都府)の要津(ようしん)である淀(よど)、山崎、大井などにも津(つ)刀禰が置かれ、使庁の検非違使が定期巡回する「津廻(つまわり)」のときには、使一行の案内役を勤め、巡察ののち、津政所(つまんどころ)で治安状態をチェックされた。このほか、平安時代、郷(ごう)に郷刀禰、村に村刀禰などの称がみえ、田畑などの土地売券(ばいけん)に証署を加えているなど、村落の有力者と考えられる。また神社にも、神職の一つとして刀禰職(しき)がある。伊勢(いせ)神宮の別宮(べつぐう)である伊雑宮(いざわのみや)刀禰や神戸(かんべ)刀禰などがそれである。[渡辺直彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の刀禰の言及

【津】より

…置石という津料の別称の一つ(津の石椋(いしくら)修固料の石材の徴収から起こった用語)は,その事情をよく示している。 津の管理組織の形態はさまざまであるが,1065年(治暦1)の越中国解によれば北陸道の路次の津泊の刀禰(とね)らが勝載料・勘過料を徴収したといい,彼らはそれによって港湾を共同維持していたと考えられる。このような津刀禰は,《庭訓往来》に〈淀・河尻の刀禰〉がみえるように,中世を通じて長く残った。…

※「刀禰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

刀禰の関連キーワード一乗谷城朝倉義景坂上経澄斎藤竜興安藤野雁近木荘勝載料紛失状大野城火の気内舎人安濃津年寄神事霊仙行事無難瑟瑟田所国判

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刀禰の関連情報