コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田添鉄二 タゾエテツジ

7件 の用語解説(田添鉄二の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たぞえ‐てつじ〔たぞへ‐〕【田添鉄二】

[1875~1908]社会主義者。熊本の生まれ。米国に留学。日本社会党創立に参加。直接行動論に対して議会政策論を展開。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

田添鉄二【たぞえてつじ】

社会主義者。熊本県生れ。長崎鎮西学院卒。1897年渡米,シカゴ大学に学びキリスト教社会主義者となり1900年帰国。1904年社会主義協会に参加。1907年第2回日本社会党大会では議会主義政策を主張して幸徳秋水らと対立。
→関連項目日本社会党平民新聞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田添鉄二 たぞえ-てつじ

1875-1908 明治時代の社会主義者。
明治8年7月24日生まれ。25年メソジスト教会で受洗。長崎の鎮西学院をへてシカゴ大にまなび,帰国後「鎮西日報」の主筆。37年上京して社会主義運動に参加,39年結成の社会党の評議員となる。片山潜らと「社会新聞」を創刊した。明治41年3月19日死去。34歳。熊本県出身。著作に「経済進化論」「近世社会主義史」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田添鉄二

没年:明治41.3.19(1908)
生年:明治8.7.24(1875)
明治期の社会主義思想家。熊本県に太郎彦,シカの長男として生まれる。熊本英学校で学び,明治25(1892)年にメソジスト教会で洗礼を受けた。31年から33年までシカゴ大学に留学し,帰国後は『鎮西日報』の主筆などを歴任し,キリスト教人道主義の立場からの論説を発表した。37年上京し,社会主義運動に参加する。39年に日本社会党が結成されると評議員となり,翌年の同党第2回大会で,幸徳秋水の議会活動否定の直接行動論に対し,社会主義は多様な運動形態を持つという観点から議会政策の重要性を説いて激しく論争した。『経済進化論』(1904),『近世社会主義史』(1908)が代表作。<参考文献>岡本宏『田添鉄二

(小宮一夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たぞえてつじ【田添鉄二】

1875‐1908(明治8‐41)
社会主義者。熊本県出身。1892年熊本英学校在学中に洗礼を受ける。鎮西学院神学科卒業後,98年シカゴ大学神学部に入学し,A.W.スモールやR.ヘンダーソンらの社会学講義から強い影響を受ける。処女作《経済進化論》(1904年平民文庫として出版)に,その現代社会への文明批評の理論が生かされている。1900年末帰国し,《長崎絵入新聞》《鎮西日報》の主筆となり,社会学的方法と近代主義の観点から健筆を振るった

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たぞえてつじ【田添鉄二】

1875~1908) 社会主義者。熊本県生まれ。シカゴ大学に留学。帰国後、鎮西日報・平民新聞などで評論活動を行う。直接行動論に反対し、議会政策論を展開した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田添鉄二
たぞえてつじ
(1875―1908)

明治時代の社会主義者。明治8年7月24日、熊本県飽田(あきた)郡中緑(なかみどり)村(現熊本市南区)に生まれる。熊本英学校、長崎の鎮西(ちんぜい)学院を経て、シカゴ大学で宗教学と社会学を勉学し、1900年(明治33)末帰国。のち長崎で『長崎絵入新聞』『鎮西日報』の主筆を務め、日露戦争勃発(ぼっぱつ)後の1904年3月上京。同年10月堺利彦(さかいとしひこ)の斡旋(あっせん)で平民文庫から処女作『経済進化論』を出版して社会主義運動に参加し、『新紀元』『光』『平民新聞(日刊)』『社会新聞』などの各社会主義紙誌に多面的な論説を展開。代表作は『新紀元』に連載された「世界平和の進化」であるが、1907年2月の日本社会党第2回大会で幸徳秋水(こうとくしゅうすい)の直接行動論に対抗して展開した議会政策論は、明治社会主義論争の一方の峰として注目される。しかし、赤貧洗うがごとき生活のため翌明治41年3月19日結核で死去。その夭逝(ようせい)は多くの人に惜しまれた。[岡本 宏]
『岡本宏著『田添鉄二』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田添鉄二の言及

【修正主義】より

…しかし,K.カウツキーに代表される当時の正統派は,その後レーニンという新たな正統によって断罪され,さらに最近ではスターリン批判以後のソ連共産党が中国から〈現代修正主義〉として批判された時期もあった。日本で修正主義という言葉が流布されるようになったのは,1905年のロシア革命の影響を背景にした幸徳秋水らの直接行動派と田添鉄二らの議会政策派の論争にみられる社会主義者の分裂が発生したころであったとされる。【亀嶋 庸一】。…

※「田添鉄二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田添鉄二の関連キーワード科学的社会主義社会主義社会主義神髄プルードン思想家社会改良主義社会主義研究会フェビアン社会主義成石平四郎山本飼山

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone