コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由岐[町] ゆき

世界大百科事典 第2版の解説

ゆき【由岐[町]】

徳島県南東部,海部(かいふ)郡の町。人口3771(1995)。1955年三岐田(みきた)町が阿部(あぶ)村を編入した際,現町名に改めた。北は阿南市に接し,南は太平洋に臨む漁業と観光の町である。JR牟岐(むぎ)線が通る。山地が多いため農業は振るわないが,米作,ミカンなどの栽培が行われ,養豚養鶏も行われる。基幹産業は漁業で,アワビサザエハマチ,カツオなどの漁獲が多い。海岸はリアス海岸で小湾入に富み,室戸阿南海岸国定公園に含まれ,伊座利地区には青少年旅行村キャンプ場がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android