コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲乙人 コウオツニン

デジタル大辞泉の解説

こうおつ‐にん〔カフオツ‐〕【甲乙人】

年齢・身分などがいろいろな人。また、名前をあげるまでもない一般庶民。
「居り合はせたる―ら是を見て」〈保元・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうおつにん【甲乙人】

本来ある事柄に特定されない人々を指したが,やがて一定の資格をもたぬ人々,さらに庶民をさす身分用語に転化した中世語。甲・乙は現在のイ・ロやA・Bと同じく固有名詞に代用する記号で,甲日乙日,甲所乙所のように用いられた。甲乙人は甲人乙人丙人……の総称,つまりだれでもよい不特定の人間のよび名として使用された。たとえば〈この田は貴方の父からもらったものではなく甲乙人から買ったもの〉という文章では,伝領に無関係で固有名詞を示す必要のない第三者を指している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうおつにん【甲乙人】

特定の人間以外の一般人。転じて、貴族・侍以外の庶民。 「をり合はせたる-らこれを見て/保元

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲乙人
こうおつにん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

甲乙人の関連キーワード一般人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android