コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲乙人 コウオツニン

4件 の用語解説(甲乙人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうおつ‐にん〔カフオツ‐〕【甲乙人】

年齢・身分などがいろいろな人。また、名前をあげるまでもない一般庶民。
「居り合はせたる―ら是を見て」〈保元・下〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうおつにん【甲乙人】

本来ある事柄に特定されない人々を指したが,やがて一定の資格をもたぬ人々,さらに庶民をさす身分用語に転化した中世語。甲・乙は現在のイ・ロやA・Bと同じく固有名詞に代用する記号で,甲日乙日,甲所乙所のように用いられた。甲乙人は甲人乙人丙人……の総称,つまりだれでもよい不特定の人間のよび名として使用された。たとえば〈この田は貴方の父からもらったものではなく甲乙人から買ったもの〉という文章では,伝領に無関係で固有名詞を示す必要のない第三者を指している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうおつにん【甲乙人】

特定の人間以外の一般人。転じて、貴族・侍以外の庶民。 「をり合はせたる-らこれを見て/保元

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甲乙人の関連キーワード断案他人意義糅てて加えて感懐人事全書関連ワイヤードウザい

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone