コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲州法度 こうしゅうはっと

4件 の用語解説(甲州法度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甲州法度
こうしゅうはっと

正しくは『甲州法度之次第』,俗に『信玄家法』ともいう。甲斐の戦国大名武田信玄が制定した家法。初め 26ヵ条を天文 16 (1547) 年に制定,のち追加して 57ヵ条となる。武田氏による分国支配の骨子を知るうえで好史料。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうしゅう‐はっと〔カフシウ‐〕【甲州法度】

戦国時代、武田信玄が制定した分国法。正しくは、甲州法度之次第。領国内の秩序維持のため、地頭の職権などを規定。信玄家法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうしゅうはっと【甲州法度】

1547年武田信玄が制定した分国法。正しくは「甲州法度之次第」。喧嘩両成敗、宗論の禁止など戦国家法の特色をもつ。二六か条本と五五か条本がある。信玄家法。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲州法度
こうしゅうはっと

戦国時代に甲斐(かい)(山梨県)の武田晴信(はるのぶ)(信玄(しんげん))が制定した分国法。正式には「甲州法度之次第(しだい)」といい、別名として「信玄家法」「甲州式目」ともいう。1547年(天文16)6月に基本の55か条が定められ、54年に2か条が追加された。別に26か条本(保坂本)もあるが、それは抄録本であり、55か条が基本型である。これまで、1547年に26か条が制定され、55か条はのちにこれに増補されたものといわれ、26か条は晴信自筆とされてきた。しかしこれは筆跡も異なり内容も略本にすぎるところから、後世の抄写本と考えられる。
 内容は「貞永(じょうえい)式目」や今川氏の分国法である「今川仮名目録(かなもくろく)」の影響を強く受けており、領国内の国人(こくじん)や地頭(じとう)の土地所有や年貢収取を制限し、家臣としての臣従を強制している。百姓や下人(げにん)に関する条項もあり、年貢の未進や郷村逃亡などを禁止し、領国秩序の維持を明文化している。『群書類従』、『中世法制史料集』(第3巻)所収。[柴辻俊六]
『柴辻俊六著『戦国大名領の研究』(1981・名著出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甲州法度の関連キーワード今川仮名目録信玄家法甲州流次第不同州法信玄正しく甲州法度之次第在々御法度之覚書《信玄家法》

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone