甲州法度(読み)こうしゅうはっと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甲州法度
こうしゅうはっと

正しくは『甲州法度之次第』,俗に『信玄家法』ともいう。甲斐の戦国大名武田信玄制定した家法。初め 26ヵ条を天文 16 (1547) 年に制定,のち追加して 57ヵ条となる。武田氏による分国支配の骨子を知るうえで好史料。『中世法制史料集』所収

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうしゅうはっと【甲州法度】

1547年武田信玄が制定した分国法。正しくは「甲州法度之次第」。喧嘩両成敗、宗論の禁止など戦国家法の特色をもつ。二六か条本と五五か条本がある。信玄家法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲州法度
こうしゅうはっと

戦国時代に甲斐(かい)(山梨県)の武田晴信(はるのぶ)(信玄(しんげん))が制定した分国法。正式には「甲州法度之次第(しだい)」といい、別名として「信玄家法」「甲州式目」ともいう。1547年(天文16)6月に基本の55か条が定められ、54年に2か条が追加された。別に26か条本(保坂本)もあるが、それは抄録本であり、55か条が基本型である。これまで、1547年に26か条が制定され、55か条はのちにこれに増補されたものといわれ、26か条は晴信自筆とされてきた。しかしこれは筆跡も異なり内容も略本にすぎるところから、後世の抄写本と考えられる。
 内容は「貞永(じょうえい)式目」や今川氏の分国法である「今川仮名目録(かなもくろく)」の影響を強く受けており、領国内の国人(こくじん)や地頭(じとう)の土地所有や年貢収取を制限し、家臣としての臣従を強制している。百姓や下人(げにん)に関する条項もあり、年貢の未進や郷村逃亡などを禁止し、領国秩序の維持を明文化している。『群書類従』、『中世法制史料集』(第3巻)所収。[柴辻俊六]
『柴辻俊六著『戦国大名領の研究』(1981・名著出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android