申分(読み)もうしぶん

精選版 日本国語大辞典「申分」の解説

もうし‐ぶん まうし‥【申分】

〘名〙
① 物事を申しること。申し立てること。また、その内容。主張。申事。
言継卿記‐永祿一二年(1569)正月二一日「平野社長松申分御返事有之、兼興曲事之段非一事之条、可有御改易也」
② 不満に思うところ。非難すべき点。文句を言いたい点。欠点。
※雲形本狂言・水掛聟(室町末‐近世初)「身共こそ申分(マウシブン)があれ共堪忍いたいた」

もうし‐わ・く まうし‥【申分】

〘他カ下二〙 (「言い分く」の謙譲語)
① 筋道を立てて詳しく説明申しあげる。
※史記抄(1477)一一「別白黒とは事の利不利をきっかと申しわけて陰と陽との異なるやうに云てきかせ申さうぞ」
② 申し開きをする。弁明申しあげる。
謡曲・正尊(1541頃)「御前にて荒けなき起請文書き申しわけられ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「申分」の解説

もうし‐ぶん〔まうし‐〕【申(し)分】

不満に思う点。非難すべき点。欠点。「申し分のない成果」
物事を申し立てること。また、その内容。「妙な申し分ですが」
[類語]結構良いよろしい好ましい素晴らしい立派見事みごと上乗何より素敵すてき最高絶妙卓抜秀逸目覚ましい輝かしいたえなるえも言われぬ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android