絶妙(読み)ぜつみょう

精選版 日本国語大辞典「絶妙」の解説

ぜつ‐みょう ‥メウ【絶妙】

〘名〙 (形動) きわめて巧みであること。この上もなくすぐれて巧妙であること。また、そのさま。至妙
※扶桑集(995‐999頃)七「源亜将軍頻投瓊章。絶妙奇珍、無於世〈略〉橘在列」
※実隆公記‐長享二年(1488)一二月九日「筆跡絶妙驚目者也」
※国歌八論(1742)準則「然るを世人定家卿を尊信するの余りに、後京極の歌の絶妙なる事を知らずして」 〔北斉書‐鄭述祖伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「絶妙」の解説

ぜつ‐みょう〔‐メウ〕【絶妙】

[名・形動]この上なく巧みですぐれていること。また、そのさま。「絶妙な(の)演技」「絶妙な(の)タイミング」
[派生]ぜつみょうさ[名]
[類語]上手素晴らしい巧みうまい巧妙老巧達者器用賢い素敵すてき見事みごと立派最高卓抜秀逸結構目覚ましい輝かしいたえなるえも言われぬ上出来上上物の見事結構尽くめ何より・申し分が無い・言う事無し天晴れナイスワンダフル・目の覚めるよう・目に染みる冴える水際立つ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「絶妙」の解説

【絶妙】ぜつみよう(めう)

はなはだすぐれる。〔北斉書、述祖伝〕能くを鼓す。自ら吟十弄をる。云ふ、(かつ)て人の琴を彈ずるをみ、寤(さ)めて寫し得たりと。當時以て妙と爲せり。

字通「絶」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android