宜しい(読み)ヨロシイ

デジタル大辞泉「宜しい」の解説

よろし・い【宜しい】

[形][文]よろ・し[シク]《動詞「寄る」の形容詞化、または「よらし」の音変化》
《「よい」の丁寧な言い方》
㋐能力や質がすぐれているさま。程度が高い。「仕上がりはこちらが―・い」「御子息は頭が―・い」
㋑健全だ。健康だ。「気分はあまり―・くない」
地位身分が高い。また、裕福だ。「育ちが―・くていらっしゃる」
㋓有利だ。価値が高い。「この方式のほうが利率が―・い」
㋔向いている。ふさわしい。効き目がある。「客商売に―・い立地
㋕好ましい。望ましい。「看板は目立つほうが―・い」「おとなしいお子さんで―・いですね」
㋖正しい。正当だ。だ。「心掛けが―・い」
㋗人にやさしい。人との仲が円満だ。「お二人は本当に仲が―・いのね」
にかなって、めでたい。「本日はお日柄も―・いようで」
《「よい」の丁寧な、また尊大ぶった言い方》許容範囲内であるさま。
㋐許可できる。「お引き取りいただいても―・いですよ」「―・い。引き受けましょう」
㋑さしつかえない。支障ない。「いつでも―・いから、一度相談に来なさい」
㋒どうでもよい。不要だ。無用だ。「私のことは―・いから、どうぞそのまま続けてください」「建て前などは―・い。本音を言いたまえ」
一応の基準に達していて、とりあえず満足しておくべきを表す。
㋐悪くはない。まずまずだ。まあまあだ。
「京に上りて宮仕へをせよ。―・しきやうにもならば、我をもへ」〈大和・一四八〉
㋑ひとまず安心できる状態である。ましだ。
「病にしづみて久しく籠もりゐて侍りけるが、たまたま―・しくなりて」〈新古今哀傷・詞書〉
㋒どうというほどでもない。普通だ。通常だ。平凡だ。→良いよろしく
「春ごとに咲くとて、桜を―・しう思ふ人やはある」〈・三九〉
[類語]結構良い好ましい素晴らしい申し分ない立派見事みごと上乗何より素敵すてき最高絶妙卓抜秀逸目覚ましい輝かしいたえなるえも言われぬ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android