コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宜しい ヨロシイ

2件 の用語解説(宜しいの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よろし・い【宜しい】

[形][文]よろ・し[シク]《動詞「寄る」の形容詞化、または「よらし」の音変化》
《「よい」の丁寧な言い方》
㋐能力や質がすぐれているさま。程度が高い。「仕上がりはこちらが―・い」「御子息は頭が―・い」
㋑健全だ。健康だ。「気分はあまり―・くない」
㋒地位や身分が高い。また、裕福だ。「育ちが―・くていらっしゃる」
㋓有利だ。価値が高い。「この方式のほうが利率が―・い」
㋔向いている。ふさわしい。効き目がある。「客商売に―・い立地」
㋕好ましい。望ましい。「看板は目立つほうが―・い」「おとなしいお子さんで―・いですね」
㋖正しい。正当だ。善だ。「心掛けが―・い」
㋗人にやさしい。人との仲が円満だ。「お二人は本当に仲が―・いのね」
㋘吉にかなって、めでたい。「本日はお日柄も―・いようで」
《「よい」の丁寧な、また尊大ぶった言い方》許容範囲内であるさま。
㋐許可できる。「お引き取りいただいても―・いですよ」「―・い。引き受けましょう」
㋑さしつかえない。支障ない。「いつでも―・いから、一度相談に来なさい」
㋒どうでもよい。不要だ。無用だ。「私のことは―・いから、どうぞそのまま続けてください」「建て前などは―・い。本音を言いたまえ」
一応の基準に達していて、とりあえず満足しておくべき意を表す。
㋐悪くはない。まずまずだ。まあまあだ。
「京に上りて宮仕へをせよ。―・しきやうにもならば、我をも訪へ」〈大和・一四八〉
㋑ひとまず安心できる状態である。ましだ。
「病にしづみて久しく籠もりゐて侍りけるが、たまたま―・しくなりて」〈新古今・哀傷・詞書〉
㋒どうというほどでもない。普通だ。通常だ。平凡だ。→良い宜(よろ)しく
「春ごとに咲くとて、桜を―・しう思ふ人やはある」〈・三九〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

よろしい【宜しい】

( 形 ) [文] シク よろ・し
〔「よい」よりもやや改まった言い方〕
「よい」の丁寧な、または改まった言い方。結構である。好ましい。 「今の答え方はなかなか-・い」 「その処置で-・い」
許容できる。…してもよい。かまわない。さしつかえない。相手に許可を与えるような、ややいばった言い方。 「言いたくなければ、言わなくても-・い」 「帰って-・い」
ちょうどよい。適当である。 「御都合の-・いときお越し下さい」
終止形を感動詞的に用いて、「承知した」「引き受けた」などの意を表す。 「 - ・い、おまかせ下さい」
〔中古語「よろし」は、「よし」が高い評価を表すのに比して、まあいい方だ、悪くはない、というやや低い評価を表す〕
悪くない。まあいい方だ。まずまずのところだ。 「 - ・しうよみたりと思ふ歌を人のもとにやりたるに/枕草子 25
とりたてていうほどではない。普通である。あたりまえだ。 「春ごとに咲くとて、桜を-・しう思ふ人やはある/枕草子 39
病状がまずまずである。 「病ありて…-・しくなりて後/千載 雑中詞
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宜しいの関連キーワード悪しい厭わしい宜し慕わしい似付かわしい望ましい喜ばしい喜ぼふそそかし・い蹌踉ける

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宜しいの関連情報