コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異常性格 イジョウセイカク

3件 の用語解説(異常性格の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いじょう‐せいかく〔イジヤウ‐〕【異常性格】

平均から大きく逸脱した性格。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いじょうせいかく【異常性格】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

異常性格
いじょうせいかく

性格的に偏倚(へんい)のあるものをいう。しかし、今日では広く社会的不適応者のもつパーソナリティーを含めて異常人格ということばが用いられている。偏倚というのであるから、プラス面を考えるなら天才的才能をもつ人をも異常人格とみることもできる。ただ、異常性格ということばには病的な意味があるので(たとえば、シュナイダーの精神病質人格のように)、むしろ社会的不適応者という広い意味で、異常人格ということばを使用している場合が多い。
 異常性格の原因には遺伝的、素質的なものや、個体発生のあらゆる時期に生起した外因性障害や、心理的影響を及ぼすと考えられる環境などが考えられる。異常性格は、精神病のように一定の時期に発現し、一定の経過をたどるというのではなく、生後比較的一貫してみられるのが特徴である。[本明 寛]

クレッチマーによる類型

異常性格の類型化を試みた学者は少なくないが、クレッチマーが、精神分裂病(統合失調症)と循環精神病の病前性格を、〔1〕分裂性気質、〔2〕循環性気質(そううつ性気質)としたことはよく知られている。そして、さらに〔3〕粘着性気質(てんかん性気質)を加え、これら三つの気質の基礎として次の傾向をあげている。すなわち、〔1〕の分裂性気質は、(a)非社交的、静か、控え目、まじめ、変心、(b)臆病(おくびょう)、恥ずかしがりや、敏感、神経質、興奮しやすい、鈍感、愚鈍といった特性がある。とくに、自閉症的傾向といえる(a)は主要なものである。また、〔2〕の循環性気質としては、(a)社交的、善良、親切、温厚、(b)明朗、ユーモア、活発、激しやすい、(c)寡黙、平静、陰うつ、気が弱いなどで、このタイプの特徴は感情の交代が強くみられる点である。〔3〕の粘着性気質(てんかん性気質)は、(a)固執性、熱中性、きちょうめん、秩序を好む、(b)考え方が回りくどい、融通がきかない、ていねい、(c)爆発的に怒る、かたくな、などである。なお、クレッチマーは、これらの〔1〕〔2〕〔3〕のタイプに、細長型(分裂性気質)、肥満型(循環性気質)、筋骨型(粘着性気質)がそれぞれお互いに対応すると主張した。
 それ以前にクレペリンは、精神病質人格は病前性格という健康者と異常者の中間にあるものと考えて、興奮型、不安定型、衝動型、奇矯型、虚言詐欺師型、反社会型、好争型等の7種類をあげた。また、シュナイダーは10種に分類している。
 精神病質人格でも病前性格でも、これは精神病の類型ではなく、性格の類型である。今日、類型学に対する批判が強まり、異常性格の類型を問題にする人が少なくなっている。むしろ、不適応のもつ持続的傾向という視点から、異常性格を考えようとするようになった。[本明 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

異常性格の関連キーワードサイコパス大きな口をきく奇骨性格異常平均海面移動平均乖離率性器的性格モラル・リスクカーブボール異常行動 (abnormal behaviour)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

異常性格の関連情報