コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

病児保育 ビョウジホイク

3件 の用語解説(病児保育の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

びょうじ‐ほいく〔ビヤウジ‐〕【病児保育】

突発的な発熱や風邪などで保育所が預かれない子供を、保護者の委託を受けて一時的に預かる施設・サービス。また、保育士・看護師・医師・栄養士などの専門家が連携して、病気にかかっている子供の保育・看護を行うこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

病児保育

子どもが病気だが、保護者が仕事などの都合で見られない時、子どもを一時的に預かる保育。事業所には看護師や保育士の配置が必要で、対象の年齢・月齢や定員などは事業所によって異なる。病気の回復期の子どもを預かる「病後児保育」とは区別される。

(2015-06-03 朝日新聞 朝刊 奈良1・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

病児保育
びょうじほいく

病気にかかっている子供に専門家が保育と看護を同時に行うこと。一般的には、保育園に通う子供が風邪(かぜ)などの軽い病気の回復期にあって普段通りの通園ができないときに預かる「病後児保育」も含む。病状に応じて保育士、看護師、医師、栄養士といった、さまざまな専門家によるケアが必要であり、子供の状態にしたがって預けられる施設は3種類に区分され、保育士と看護師の配置が義務づけられている。(1)病院、保育所などに付設された専用スペースで看護師などが病児(10歳未満)を預かる病児対応型、(2)同じく病後児(10歳未満)を預かる病後児対応型、(3)保育所において体調を崩した児童を一時的に預かる体調不良児対応型(自園型)。2008年(平成20)には全国1164か所(病児対応322、病後児対応523、体調不良児対応319)の施設がある。
 これらの施設以外に、全国の市町村には、子育ての支援が必要な親と援助可能な人材を結び付けるファミリー・サポート・センターがあり、2009年度から病児や病後児の預かりができるように仕組みが整えられた。また、首都圏には病児保育サービスを提供する民間の団体もある。しかし、病児保育事業を行っている施設は、共働き世帯の増加により全国的に不足している。また、施設によって医療と保育の機能が異なるが、病気の子供を抱えた利用者にとってはその違いがわかりにくい。今後は利用料の補助も含め、子育て家庭に対するセーフティネットとして、利用しやすい環境づくりが求められる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

病児保育の関連キーワード一時帰休制気に掛かる気に病む検診里親病身病友子どもを紫外線から守る日病児・病後児保育事業子どもの医療費助成

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

病児保育の関連情報