コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癌性腹膜炎 がんせいふくまくえんcancerous peritonitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

癌性腹膜炎
がんせいふくまくえん
cancerous peritonitis

厳密な意味での腹膜炎ではないが,癌細胞による腹膜の刺激症状をいう。胃,腸,膵,子宮,卵巣などの癌からの転移が最も多い。症状は,腹部膨満感や腹水,さらに進むと腸閉塞の症状,体重減少,貧血,悪液質が現れる。腹水は炎症性滲出,毛細血管透過性の亢進,門脈うっ血などに低蛋白血症,腎不全または心不全などが重なって起るものであるから,一定の特徴をもたず,血性腹水必ずしも癌に特有なものとはいえない。診断は腹水の細胞診,腹腔鏡検査による。予後は不良で,抗癌剤静脈注射,または腹腔内注入によって一時軽快することもあるが,根治は望みがたい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

癌性腹膜炎【がんせいふくまくえん】

腹膜に結節や腫瘍(しゅよう)が発生し,腹水がたまるもの。原発性のものは少なく,胃,腸,卵巣などの近接臓器のが腹膜へ波及して多数の小結節,腫瘤(しゅりゅう)が形成されるものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の癌性腹膜炎の言及

【癌】より

…胃壁を越えて後腹膜を浸潤し,神経叢の周辺を侵すと,耐えがたい痛みを生じる。癌が腹腔に広がったのが癌性腹膜炎である。水が貯留して腹が突出したり,腸管が癒着し合い,腸閉塞などを起こす。…

【大腸癌】より

…大腸腺腫症や潰瘍性大腸炎に合併することもある。大腸癌は腸壁を破ったのち隣接臓器に直接に浸潤し,さらに漿膜,腹膜への伝搬(癌性腹膜炎),リンパ節転移,さらに門脈を介して肝臓,肺,副腎,腎臓,膵臓,骨などへの血行転移がみられる。
[大腸癌の症状]
 早期大腸癌は無症状で,たまたま注腸X線検査,内視鏡検査,生検,ポリペクトミー(ポリープ切除術)などで発見される。…

※「癌性腹膜炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

癌性腹膜炎の関連情報