コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発達ケア ハッタツケア

デジタル大辞泉の解説

はったつ‐ケア【発達ケア】

developmental care早産低体重染色体異常などでNICUに入院している新生児に対して、成長や発達を促すために行うさまざまな働きかけ。照明を落として機械音を減らす、親が肌を触れ合わせて子を抱く(カンガルーケア)、頭や背中をマッサージするなど。ディペロップメンタルケア。DC

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

発達ケア
はったつけあ
developmental care

早産で出生した低出生体重児や何らかの疾患をもって出生した新生児の成長発達を促すためのケア。発達促進ケア、ディベロップメンタルケアともいい、英語表記の頭文字をとってDCと略す。外的刺激によるストレスを可能な限り排除し、母親の胎内に近い環境を整えて発達を支援する。ケアの対象には重度障害児の長期入院も含まれる。低出生体重児や疾患をもつ新生児は新生児集中治療室(NICU:neonatal intensive care unit)に収容されることが多いが、発達ケアとして、新生児への光刺激や音刺激に配慮し、母親の胎内にいるときに近い体位で寝かせるポジショニング(姿勢調整)、体位変換やオムツ交換などでストレスがかからないようていねいに扱うハンドリングなどを行う。具体的には、NICUの照度を低く保ち、保育器に暗幕をかけるなど光刺激を抑えることで睡眠時間を確保し、酸素投与量の調整など未熟児網膜症に陥るリスクにも配慮する。さらに、医療機器のモニター音やアラーム音を低くするなどの対策を施して騒音による刺激を抑えて安静を保ち、また過剰な処置を控えることなどにより外的ストレスを軽減する。同時に、新生児のストレス対処行動のパターンを個別に認識してケアパターンを調整する。さらに、家族の協力を得て、肌で触れ合うなど情緒的支援(カンガルーケア、早期母子接触)やマッサージなどのタッチケアを行う。ポジショニングは、バスタオルやシーツまたは砂嚢(さのう)などを利用し、母親の胎内にいるときに近い背中をまるめた体位にするなどにより、新生児の安静を保つとともに睡眠を確保する。日本ディベロップメンタルケア研究会では定期的にセミナーなどを開き、実践について講演を行うなど啓発に努めている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

発達ケアの関連キーワード発達障害ICU(Intensive Care Unit)ICUNICUDC周産期医療晃映ヒロ医療監視CCU広域搬送拠点臨時医療施設

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android