コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白兎海岸 はくとかいがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白兎海岸
はくとかいがん

鳥取市西部の岩石海岸。「因幡 (いなば) の白兎」の神話伝承地。白兎が上陸したと伝えられる気多 (けた) 岬の東に白兎神社があり,境内の樹叢は天然記念物。岬の沖合いには波食による岩礁がワニの背のように並び,その先に淤岐 (おき) ノ島がある。ハマナス自生南限地 (天然記念物) 。現在は海水浴場としても有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はくと‐かいがん【白兎海岸】

鳥取県北東部、鳥取市西部にある海岸。ハマナスの自生南限地帯として国指定天然記念物になっている。「古事記」にある因幡(いなば)の白兎の神話伝承地で、砂丘上に白兎神をまつる白兎神社がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はくとかいがん【白兎海岸】

鳥取市北西部の砂浜海岸。東は鳥取砂丘に連なる。因幡(いなば)の白兎神話の伝承地。海岸の西に杖突坂(恋坂)の岬があり,その沖に淤岐(おき)の島と呼ばれる岩島がある。両者をつなぐようにワニザメの背中に似た岩礁が連なっている。このような地形(波食棚)が神話を生んだ背景となっている。この神話にちなむ白兎神社,身干山(みぼしやま)砂丘や,ハマナスの自生南限群生地(天)があり,また鳥取市の代表的な海水浴場でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕白兎海岸(はくとかいがん)


鳥取市北西部にある海岸。「因幡(いなば)の白兎(しろうさぎ)」の神話伝承地として知られ、淤岐ノ(おきの)島との間にサメの背に似た岩礁群が並ぶ。ハマナスの自生南限地帯として国の天然記念物に指定。夏は海水浴客でにぎわう。白兎神社があり、その樹叢(じゅそう)は国指定天然記念物。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白兎海岸
はくとかいがん

鳥取県東部、日本海に臨む海岸。鳥取市に属し、鳥取空港の西に位置する。海岸沿いに国道9号が走る。『古事記』の「稲羽之素菟(いなばのしろうさぎ)」の神話伝承地で、文部省唱歌の『大黒(だいこく)さま』の碑がある。気多前(けたのさき)と淤岐(おき)ノ島の間には、海食による平島(ひらじま)がワニ(サメ)の背状に並ぶ。神話によると、白兎がワニ(サメ)をだまして並ばせ、その背を数えて陸にあがる直前に皮をはがれるが、大国主命(おおくにぬしのみこと)に救われる。砂浜は好海水浴場。白兎海岸はハマナスの自生南限地帯として国指定天然記念物。砂丘上には白兎神を祀(まつ)る白兎(はくと)神社があり、その樹叢(じゅそう)はスダジイ、モチノキなどの樹林からなり、日本海海岸部の植物分布を示す貴重な例として国指定天然記念物となっている。[岩永 實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

白兎海岸の関連キーワード鳥取県鳥取市白兎鳥取(市)湖山砂丘

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白兎海岸の関連情報