コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入来院 いりきいん

百科事典マイペディアの解説

入来院【いりきいん】

薩摩国薩摩郡の中世の地域名。辺境の開発拠点である倉(そういん)の名が,所領単位名になったとみられている。現鹿児島県薩摩川内市入来町一帯。平安末期の田数92町余,うち75町は半不輸の島津荘近衛家領)寄郡(よりごおり)であった。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いりきいん【入来院】

薩摩国薩摩郡(現,鹿児島県薩摩郡)内にあった所領名。院の一般的なあり方からみて,平安時代に薩摩郡の辺境の開発が行われたさい,その拠点となった院倉の名が,所領の発展に伴い所領名に転化したものと考えられる。入来院は平安末期には摂関家の荘園島津荘の寄郡(よせごおり)となって,収納物の一部が荘園領主摂関家に納められることになったが,1197年(建久8)の薩摩国大田文によれば,その面積は全体で92町2反,そのうち寄郡となった面積は75町であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

入来院の関連キーワード薩摩川内(市)入来院定心入来[町]入来〈町〉渋谷重頼入来文書諏訪真性清色城跡島津義久朝河貫一渋谷氏千葉氏市場銭惣領制白布妙蓮地頭

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android