コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪白 セッパク

デジタル大辞泉の解説

せっ‐ぱく【雪白】

[名・形動]
雪のように白いこと。まっ白であること。また、そのさま。
「―なるに藍色の縁とりし品なり」〈独歩・わかれ〉
潔白であることのたとえ

ゆき‐じろ【雪白】

雪のように白いこと。
「色は―とはまいらねども」〈逍遥当世書生気質
三盆白(さんぼんじろ)のこと。
純白な矢羽。
タカの腹・背・くちばし・つめの白いもの。〈伊京集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せっぱく【雪白】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
雪のように白い・こと(さま)。純白。 「 -なる敷巾シイツ/不如帰 蘆花

ゆきじろ【雪白】

雪のように真っ白であること。 「 -のシヤツ/或る女 武郎
三盆さんぼんの異名。
鷹の、腹・背・くちばし・爪つめまで全部白いものの称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雪白の関連キーワード節・竊・切・刹・截・折・拙・接・摂・攝・泄・渫・窃・節・褻・設・説・雪伯・剥・剝・博・帛・拍・搏・柏・泊・白・箔・粕・膊・舶・薄・迫・魄コチョウラン(胡蝶蘭)ヤノネカイガラムシタイサイ(体菜)サンダンカモドキクモノスカビバーセルミシャクシナ三輪 休和ウミウサギしゃくし菜沢木 欣一タチアオイ堀部魯九向山周慶羽二重肌三輪休和アスナロサワギク

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android