白白(読み)シラジラ

デジタル大辞泉の解説

しら‐じら【白白】

[副]《「しらしら」とも》
夜が明けて、だんだん明るくなっていくさま。「白白と夜が明ける」
色の白いさま。また、白く見えるさま。「闇にくちなしの花が白白(と)浮かぶ」
平気でしらばくれたり、見え透いたことを言ったりするさま。「白白と言い訳をする」
興ざめなさま。「慇懃(いんぎん)無礼な扱いに白白とした気持ちになる」

しろ‐じろ【白白】

[副]
いかにも白く見えるさま。「白白(と)続く雪原」
夜がしだいに明けていくさま。しらじら。「東の空が白白と明るくなる」

はく‐はく【白白】

[ト・タル][文][形動タリ]
白いさま。「白白たる雪山」
明らかなさま。疑う余地のないさま。「白白たる証拠」「明々白白

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しらしら【白白】

( 副 )
(多く「と」を伴って)
だんだん明るくなっていくさま。夜のしだいに明けるさま。しらじら。 「 -と夜が明けていく」
薄明るいさま。ほの白く輝いて見えるようす。しらじら。 「 -と氷かがやき千鳥なく釧路の海の冬の月かな/一握の砂 啄木
はっきり。あからさまに。 「面影ばかり残して東の方へ下りし人の名は-と言ふまじ/閑吟集」

しらじら【白白】

( 副 )
〔古くは「しらしら」〕
(多く「と」を伴って)
しらじらしいさま。 「 -とした目つき」
しらしら」に同じ。 「東の空が-としてきた」
いかにも白く見えるさま。 「 -と輝く」

しろじろ【白白】

( 副 ) スル
いかにも白く見えるさま。 「火箸に置く手の-と、白けた容子ようすを、立際たちぎわに/婦系図 鏡花
夜が次第に明けていくさま。しらじら。

はくはく【白白】

( トタル ) [文] 形動タリ 
白いさま。 「水晶簾の茫々-として/日光山の奥 花袋
明らかなさま。きわめてはっきりしているさま。 「明明-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しらけ‐しらけ【白白】

〘副〙 興ざめなさま、また、気まずくて、ぐあいの悪くなるさまを表わす語。
愚管抄(1220)六「浄土寺の二位もしらけしらけとしてやみにけり」

しら‐じら【白白】

〘副〙 (古くは「しらしら」。多く「と」を伴って用いる)
① 夜がしだいに明けてゆくさまを表わす語。
※今昔(1120頃か)三一「今は百町許は来ぬらむと思ふ程に、夜白々と成ぬ」
※怪談牡丹燈籠(1884)〈三遊亭円朝〉一四「と云ふうちに夜もしらしらと明け離れましたから」
② 色の白いさまを表わす語。
※御伽草子・はにふの物語(古典文庫所収)(室町中)「雪のいとしらしらとふりたりけるをりふし」
※俳諧・冬の日(1685)「しらじらと砕けしは人の骨か何〈杜国〉 烏賊はゑびすの国のうらかた〈重五〉」
③ はっきりしているさまを表わす語。
※歌謡・閑吟集(1518)「面影ばかりのこして、あづまのかたへくだりし人の名は、しらしらといふまじ」
④ せせら笑うさま、あざけり笑うさまを表わす語。
浮世草子・武道伝来記(1687)七「いらざる所に念を入て問返すに、女ばうしらしらと打笑ひ」
⑤ しらじらしいさま、興ざめがするさまを表わす語。
※山谷詩集鈔(1647)一四「貧至骨どもちともしらしらともせぬぞ」
⑥ 気持が静まるさまを表わす語。
※潮風(1920‐21)〈里見弴〉一〇「もちまへの、淋しい顔つきを、一層白々(シラジラ)と沈ませて」
しらじら‐げ
〘形動〙
しらじら‐さ
〘名〙

しらじら‐し・い【白白】

〘形口〙 しらじらし 〘形シク〙 (古くは「しらしらし」)
① 白く見える。しろじろとしている。明らかである。
※重之集(1004頃)「よそにふるものとこそ見め白雪のしらじらしくもおもほゆるかな」
※和漢朗詠(1018頃)下「しらしらししらけたるとし月光に雪かきわけて梅の花をる」
② はっきりとわかる、明白である。
※俳諧・誹諧之連歌(飛梅千句)(1540)第一「しらしらしくぞよそにしらるる くろぢくの筆にてかける文もうし」
③ 興ざめの感じである。
※平中(965頃)三六「そこに、久しく馬に乗りながら、立てらむことの、しらしらしければ」
④ 知っていながら知らないふりをするさまである。しらばくれている。そらぞらしい。また、はっきりいつわりとわかる様子である。
※足利本論語抄(16C)述而第七「同姓不娶ら者のあるを、昭公娶呉之女を呉姫と名くれば、余しらしらしいほどに呉孟子と云也」
※歌舞伎・霊験曾我籬(1809)序幕「何の事とは白々(シラジラ)しい。色よい返事を」
しらじらし‐げ
〘形動〙
しらじらし‐さ
〘名〙

しろ‐しろ【白白】

〘名〙 変態的な見世物一種で、女性の同性愛をショー化したもの。

しろ‐じろ【白白】

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 目立って白いさま、いかにも白く見えるさまを表わす語。
※枕(10C終)補遺「月影ばかりはしろじろとうつりて見えたる」
仮名草子・恨の介(1609‐17頃)下「四条通室町にて夜が明け、人の面もしろじろと見えけり」
② 夜が、次第に明けてゆくさまを表わす語。しらじら。
※二人の稚児(1918)〈谷崎潤一郎〉「長い秋の夜がしろじろと明るくなって」

はく‐はく【白白】

〘形動タリ〙
① 色の白いさま。また、白く輝いて美しいさま。
新編覆醤集(1676)一・春朝口号「白々芬々梅発葩、青々々草生芽」 〔韓愈‐感春詩〕
② (多く「明明白白」の形で用いて) 明らかでくもりのないさま。疑いもなく正しいさま。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白白の関連情報