コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白白 シラジラ

7件 の用語解説(白白の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しら‐じら【白白】

[副]《「しらしら」とも》
夜が明けて、だんだん明るくなっていくさま。「白白と夜が明ける」
色の白いさま。また、白く見えるさま。「闇にくちなしの花が白白(と)浮かぶ」
平気でしらばくれたり、見え透いたことを言ったりするさま。「白白と言い訳をする」
興ざめなさま。「慇懃(いんぎん)無礼な扱いに白白とした気持ちになる」

しろ‐じろ【白白】

[副]
いかにも白く見えるさま。「白白(と)続く雪原」
夜がしだいに明けていくさま。しらじら。「東の空が白白と明るくなる」

はく‐はく【白白】

[ト・タル][文][形動タリ]
白いさま。「白白たる雪山」
明らかなさま。疑う余地のないさま。「白白たる証拠」「明々白白

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しらしら【白白】

( 副 )
(多く「と」を伴って)
だんだん明るくなっていくさま。夜のしだいに明けるさま。しらじら。 「 -と夜が明けていく」
薄明るいさま。ほの白く輝いて見えるようす。しらじら。 「 -と氷かがやき千鳥なく釧路の海の冬の月かな/一握の砂 啄木
はっきり。あからさまに。 「面影ばかり残して東の方へ下りし人の名は-と言ふまじ/閑吟集」

しらじら【白白】

( 副 )
〔古くは「しらしら」〕
(多く「と」を伴って)
しらじらしいさま。 「 -とした目つき」
しらしら 」に同じ。 「東の空が-としてきた」
いかにも白く見えるさま。 「 -と輝く」

しろじろ【白白】

( 副 ) スル
いかにも白く見えるさま。 「火箸に置く手の-と、白けた容子ようすを、立際たちぎわに/婦系図 鏡花
夜が次第に明けていくさま。しらじら。

はくはく【白白】

( トタル ) [文] 形動タリ 
白いさま。 「水晶簾の茫々-として/日光山の奥 花袋
明らかなさま。きわめてはっきりしているさま。 「明明-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白白の関連キーワード明け明け暗れ明け残る愛しらしい白白明けしらっと白ばむ明けさる明け立つ何時かしら

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白白の関連情報