白白(読み)シラジラ

デジタル大辞泉の解説

しら‐じら【白白】

[副]《「しらしら」とも》
夜が明けて、だんだん明るくなっていくさま。「白白と夜が明ける」
色の白いさま。また、白く見えるさま。「闇にくちなしの花が白白(と)浮かぶ」
平気でしらばくれたり、見え透いたことを言ったりするさま。「白白と言い訳をする」
興ざめなさま。「慇懃(いんぎん)無礼な扱いに白白とした気持ちになる」

しろ‐じろ【白白】

[副]
いかにも白く見えるさま。「白白(と)続く雪原」
夜がしだいに明けていくさま。しらじら。「東の空が白白と明るくなる」

はく‐はく【白白】

[ト・タル][文][形動タリ]
白いさま。「白白たる雪山」
明らかなさま。疑う余地のないさま。「白白たる証拠」「明々白白

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しらしら【白白】

( 副 )
(多く「と」を伴って)
だんだん明るくなっていくさま。夜のしだいに明けるさま。しらじら。 「 -と夜が明けていく」
薄明るいさま。ほの白く輝いて見えるようす。しらじら。 「 -と氷かがやき千鳥なく釧路の海の冬の月かな/一握の砂 啄木
はっきり。あからさまに。 「面影ばかり残して東の方へ下りし人の名は-と言ふまじ/閑吟集」

しらじら【白白】

( 副 )
〔古くは「しらしら」〕
(多く「と」を伴って)
しらじらしいさま。 「 -とした目つき」
しらしら」に同じ。 「東の空が-としてきた」
いかにも白く見えるさま。 「 -と輝く」

しろじろ【白白】

( 副 ) スル
いかにも白く見えるさま。 「火箸に置く手の-と、白けた容子ようすを、立際たちぎわに/婦系図 鏡花
夜が次第に明けていくさま。しらじら。

はくはく【白白】

( トタル ) [文] 形動タリ 
白いさま。 「水晶簾の茫々-として/日光山の奥 花袋
明らかなさま。きわめてはっきりしているさま。 「明明-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android