コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白骨[温泉] しらほね

2件 の用語解説(白骨[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

白骨[温泉]【しらほね】

白船温泉とも。長野県南安曇(みなみあずみ)郡安曇村(現・松本市)にある温泉。乗鞍岳北東麓,梓(あずさ)川の支流湯川渓谷中にわき,標高1400m。炭酸泉硫化水素泉。
→関連項目松本[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しらほね【白骨[温泉]】

長野県南安曇(みなみあずみ)郡安曇村にある温泉。乗鞍岳北東麓,梓川支流の湯川に臨む標高1400mの高地にある。単純硫化水素泉,34~50℃。温泉は石灰岩を伴う古生層から湧出し,石灰分が強いため湯船が白くなり白船温泉とも呼ばれた。噴湯孔付近には,石灰華が20~30mの厚さにつもった噴湯丘と球状石灰石があり,国の特別天然記念物に指定されている。古くからの湯治場であったが,中里介山の小説《大菩薩峠》で広く知られるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白骨[温泉]の関連キーワード安曇野上高地大正池安曇野松川安曇外命婦安曇福雄安曇継成田井安曇丸山英一郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone