コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百面相 ヒャクメンソウ

デジタル大辞泉の解説

ひゃく‐めんそう〔‐メンサウ〕【百面相】

顔の表情をいろいろに変えること。また特に、手ぬぐいやつけひげなどの簡単な小道具を用いて、いろいろと顔つきを変えてみせる寄席芸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひゃくめんそう【百面相】

寄席芸の一種。顔面の表情と簡単な変装によって,いろいろに人相を変えてみせる芸。もと俳優の身ぶり・声色(こわいろ)からでて,これに〈目鬘(めかつら)〉を使って顔面を変えるものが現れ,一種の座敷芸となった。天明(1781‐89)のころ,吉原の幇間(ほうかん)目吉なる者が始めたといわれる〈七変目〉または〈七つ目〉から,文化(1804‐18)のころに,落語家三笑亭可楽の門人可上が〈差(さし)目鬘〉のくふうを加え,〈百眼(ひやくまなこ)〉と称した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひゃくめんそう【百面相】

簡単な衣装をつけ、顔つきをいろいろに変えて見せる演芸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

百面相
ひゃくめんそう

寄席(よせ)演芸の一種。顔の表情と簡単な変装で、いろいろに人相を変えてみせる芸。天明(てんめい)(1781~89)のころ、吉原の幇間(ほうかん)目吉が目鬘(めかつら)を使って顔を七通りに変える「七変目」「七ツ目」を演じ、座敷芸として知られた。文化(ぶんか)(1804~18)のころに三笑亭可上(さんしょうていかじょう)が目鬘にくふうを加えて「百眼(ひゃくまなこ)」を演じた。文政(ぶんせい)年間(1818~30)には早瀬渡平が鬘や頭巾(ずきん)をつけて顔を七通りに変える「七面相」を演じた。この系統の芸が明治に百面相といわれ、松柳亭鶴枝(かくし)の名がよく知られたが、いまの寄席には百面相の専門家はいない。[関山和夫]
『南博・永井啓夫・小沢昭一編『芸双書1 いろどる――色物の世界』(1981・白水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の百面相の言及

【大衆演芸】より

…その後,この芸は,さまざまな有名人の顔を似せる芸に変化していった。それを百面相というが,今日では,まったく衰退してしまい,ときどき噺家が落語のあとに余興として演ずることがある程度となった。〈八人芸(はちにんげい)〉というものもあった。…

※「百面相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

百面相の関連キーワード立花家 千橘(3代目)松柳亭 鶴枝(2代目)松柳亭 鶴枝(3代目)柳家 小せん(4代目)旗鼓の間に相見ゆ高砂家 ちび助アニメーションふうらいぼう。波多野 栄一えいえい声官途に就く鼻息を窺う平田千香子枕席に侍る鼻毛を抜く土橋亭扇好剣の刃渡り匹夫匹婦舌を吐く泡坂妻夫

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

百面相の関連情報