コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮膚ポルフィリン症 ひふぽるふぃりんしょうPorphyria

家庭医学館の解説

ひふぽるふぃりんしょう【皮膚ポルフィリン症 Porphyria】

[どんな病気か]
 ポルフィリン体の代謝異常(たいしゃいじょう)による病気で、いろいろなタイプがあります。程度の差はありますが、日光過敏症(にっこうかびんしょう)になるのが特徴で、陽光にさらされたところに紅斑(こうはん)、水疱(すいほう)、びらんが生じ、色素沈着、皮膚硬化がおこり、顔面が多毛になります。もっとも多い晩発性皮膚(ばんぱつせいひふ)ポルフィリン症(しょう)は、飲酒、C型肝炎ウイルス感染、薬物が原因です。
[治療]
 飲酒などの誘因を絶つことがもっともたいせつです。瀉血(しゃけつ)も有効です。皮膚症状をおこさぬため、日光に当たらないようにします。

出典 小学館家庭医学館について 情報

皮膚ポルフィリン症の関連キーワード皮膚ポルフィリン症の検査

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android