コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田米山人 おかだ べいさんじん

9件 の用語解説(岡田米山人の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

岡田米山人

江戸後期の画家。大坂生。名は国、字は士彦、俗称を彦兵衛。子は半江。米屋を営み、家業の傍ら書画・学問を学ぶ。頼山陽・浦上玉堂田能村竹田らと親交した。津藩藤堂侯に仕える。文政3年(1820)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おかだ‐べいさんじん〔をかだ‐〕【岡田米山人】

[1744~1820]江戸後期の画家。大坂の人。名は国、字(あざな)は士彦、通称、彦兵衛。伊勢の津藩に仕えた。画趣は明るく放胆で、田能村竹田(たのむらちくでん)に影響を与えた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

岡田米山人【おかだべいさんじん】

江戸後期の南画家。名は国,字は士彦。米山人,米翁と号す。津藩藤堂家に仕えた。明澄な色彩と流麗な皴法(しゅんぽう)による気品に富んだ山水画を描いた。田能村竹田の非凡な画才を認めて激励,浦上玉堂とも親交があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田米山人 おかだ-べいさんじん

1744-1820 江戸時代中期-後期の画家。
延享元年生まれ。大坂で米穀商をいとなみ,米をつきながら勉学にはげんだので米山人と号した。伊勢(いせ)津藩大坂蔵屋敷につかえ,画家の浦上玉堂らとまじわり,山水花鳥の文人画を得意とした。文政3年8月9日死去。77歳。大坂出身。名は国。字(あざな)は士彦。通称は彦兵衛。別号に米翁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岡田米山人

没年:文政3.8.9?(1820.9.15)
生年:延享1?(1744)
江戸後期の南画家。米山人の前半生についてはほとんど不明で,大坂の人とも神戸の人とも伝えるが,出自などはわかっていない。没年についても文政1(1818)年75歳,ほかの諸説がある。名は国,字は士彦,通称は彦兵衛,米山人は号。若いころには播磨神東郡剣坂村(兵庫県加西市西剣坂)の庄屋安積喜平治の下に寄食し,米をつきながら書を読んで勉学に励んだことが伝えられていたが,近年,同地で襖絵などの作品,資料が発見されたことによりこれが裏づけられた。安永(1772~81)のころには大坂に出て舂米屋を営み,その後,寛政5(1793)年のころには津藩に大坂蔵屋敷留守居役の下役として仕え,その藩邸内に住んでいる。絵は当時舶載のものを見たりしながらの独学らしく,「松齢鶴算図」「竹石図」「幽亭閑居図」(いずれも個人蔵)など,他の南画家にはみられないたくましさと乾いた感覚をみせ,南画史上特異な位置を占めている。田能村竹田は,米山人が浦上玉堂と仲が良く,その風趣も似ていたと記している。また木村蒹葭堂らとも親しく,蔵屋敷を介する大坂特有の文化的背景のなかではぐくまれた画家であったといえる。生前は子供の半江の方がはるかに高い評価を得ていたが,近年では米山人の絵は内外ともに評価を高めている。<参考文献>森銑三「米山人のことども」(『森銑三著作集』4巻),吉沢忠「玉堂・木米」(『水墨美術大系』13巻)

(星野鈴)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おかだべいさんじん【岡田米山人】

1744‐1820(延享1‐文政3)
江戸後期の文人画家。名は国,字は士彦。大坂で生まれ,家は代々米の商いを業としていた。米山人の号はそれに由来する。米をつきながら書を読んだと伝えられるほど学問を好み,のち伊勢の津藩の藤堂侯に仕える。絵は中国,元の四大家,とくに黄公望を学んだというが,後輩の田能村竹田の言葉を借りれば,〈書画とも非常に巧みというわけではないが,突然心の中から天然の趣致がわき出るかのごとき書画を作った〉という。浦上玉堂とはとくに親交があったらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おかだべいさんじん【岡田米山人】

1744~1820) 江戸中・後期の南画家。大坂の人。木村蒹葭堂・浦上玉堂らと交わり、独特のユーモアのある山水画を描いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡田米山人
おかだべいさんじん

[生]延享1(1744)
[没]文政3(1820).8.9. 大坂
江戸時代中・後期の南画家。岡田半江の父。名は国,字は士彦,通称彦兵衛,米山人。米翁と号した。伝記は不明な点が多い。一説には,初め播磨神東郡剣坂村の庄屋安積喜平次宅に寄食していたといわれ,米をつきながら学問に励んだという逸話が残る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡田米山人
おかだべいさんじん
(1744―1820)

江戸後期の南画家。名は国、字(あざな)は士彦(しげん)、通称は彦兵衛、米山人と号する。その前半生については不明。一説に播磨(はりま)国(兵庫県)剣坂村の庄屋(しょうや)安積(あさか)氏で、米を搗(つ)きながら学問し、大坂に出たともいわれる。1775年(安永4)には大坂で舂米屋(しょうまいや)をしており、画家としての名も世に知られていた。93年(寛政5)ごろにはすでに藤堂(とうどう)藩に仕え、大坂蔵屋敷留守居の下役となっている。当時の大坂の代表的文化人木村蒹葭堂(けんかどう)と親しく、また浦上玉堂(うらかみぎょくどう)、若年の田能村竹田(たのむらちくでん)とも相識であった。山水、花鳥ともに独特のユーモアと一種奇矯の感あるたくましい画風は、近年評価が高まっている。『松齢鶴算(しょうれいかくさん)図』『松下高士図』、大作では安積家の襖画(ふすまえ)『山水図』などが代表的である。[星野 鈴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡田米山人の関連キーワード勾田台嶺丹鶴舟平井梅園三好汝圭藤井蘇堂松田亀玉矢野竹舌木村黙斎前半生米山人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岡田米山人の関連情報