コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真保裕一 シンポユウイチ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真保裕一 しんぽ-ゆういち

1961- 平成時代の小説家。
昭和36年5月24日生まれ。アニメーション制作会社でディレクターをつとめるかたわらミステリーを執筆。平成3年汚染食品の謎を追う「連鎖」で江戸川乱歩賞。8年「ホワイトアウト」で吉川英治文学新人賞。9年「奪取」で山本周五郎賞,日本推理作家協会賞。18年「灰色の北壁」で新田次郎文学賞。東京出身。国府台高卒。著作はほかに「覇王の番人」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真保裕一
しんぼゆういち
(1961― )

小説家。東京都生まれ。千葉県立国府台(こうのだい)高校卒業。幼い頃からマンガ少年で、高校からはアニメーションに凝り『銀河鉄道999』でその傾向は決定的に。高校卒業後アニメーション専門学校に入学。この当時観た「ドラえもん」の映画にショックを受け、やがてアニメーション制作会社に入社。アニメーター、ディレクターとして10年以上のキャリアを積み重ねる。読書歴のほうは、子供の頃にマンガばかり読んでいるのを見かねて、父親が買ってくれた江戸川乱歩の「少年探偵団シリーズ」が最初で「以来、僕の熱中するものにミステリが加わることになった」と本人は語っている。
 1991年(平成3)『連鎖』により江戸川乱歩賞を受賞。二度目の応募での栄冠だった。当時は500枚の小説を書くときに、ほぼ全シーンにわたる200枚ほどの綿密なプロットをまず初めに立てたという。『連鎖』は食品衛生監視員を主人公とした、食品輸入にまつわる犯罪を描いた作品で、乱歩賞史上初の本格ハードボイルドと話題になる。続いて『取引』(1992)では公正取引委員会の審査官、『震源』(1993)では気象庁の地震火山研究員と、いずれも平凡な公務員を主人公にしたことから「小役人シリーズ」と呼ばれることになる。彼らはいずれも自分にふりかかってきた問題を解決するために、やむなく事件の渦中に飛び込んでいった人間であった。これらの作品は、評論家にはかなりの評価をもって迎えられたが、本の売れ行き及び一般読者の認知度はさほど高いものではなかったといっていい。そうしたすべてを打破し、ブレークしたのが『ホワイトアウト』(1995)である。巨大ダムを占拠したテロリスト集団と、ただひとり難を逃れて脱出に成功した発電所職員との闘いを描いたこの冒険小説は、吉川英治文学新人賞を受賞。映画化の成功もあって、爆発的ヒットとなり真保裕一の名は瞬く間に広まっていく。さらに続く『奪取』(1996)は偽札造りをテーマにしながら、青春小説のおもむきを持ち、山本周五郎賞と日本推理作家協会賞を同時受賞。その後も交通事故により記憶を失った男性の自分探しをテーマとした『奇跡の人』(1997)、アメリカを舞台に初めての私立探偵小説に挑んだ『ボーダーライン』(1999)、日本からベトナムへと逃亡したやくざと、ベトナムから日本へと脱出したい若者とのそれぞれの葛藤を描いた『黄金の島』(2001)、選挙運動の顛末を描く『ダイスをころがせ!』(2002)など、着実に作風の幅を広げている。[関口苑生]
『『ボーダーライン』(1999・集英社) ▽『黄金の島』(2001・講談社) ▽『ダイスをころがせ!』(2002・毎日新聞社) ▽『連鎖』『取引』『震源』『ホワイトアウト』『奪取』(講談社文庫) ▽『奇跡の人』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

真保裕一の関連キーワード映画 ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い映画 ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史映画 ドラえもん のび太の人魚大海戦アンダルシア/女神の報復アマルフィ/女神の報酬朽ちた樹々の枝の下でダイスをころがせ!デパートへ行こう!ブルー・ゴールド外交官・黒田康作whiteoutボーダーライン栄光なき凱旋アンダルシア繋がれた明日真夜中の神話アマルフィ天使の報酬トライアル天魔ゆく空

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真保裕一の関連情報