コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真福寺貝塚 しんぷくじかいづか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真福寺貝塚
しんぷくじかいづか

埼玉県さいたま市岩槻区真福寺にある縄文時代後・晩期貝塚泥炭層の遺跡。土器石器,土製品などや住居址が発見された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

真福寺貝塚【しんぷくじかいづか】

埼玉県岩槻市(現・さいたま市岩槻区)真福寺にある縄文(じょうもん)時代後期〜晩期に営まれた主として淡水性の貝塚(史跡)。直径約60mの環状に分布する。1940年(昭15年)には竪穴住居跡が発掘され,石剣,30余個の土製耳飾,勾玉(まがたま),土偶などが出土。
→関連項目岩槻[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

国指定史跡ガイドの解説

しんぷくじかいづか【真福寺貝塚】


埼玉県さいたま市岩槻(いわつき)区城南にある集落跡。県の東部、荒川低地と中川低地の間にある台地上、標高12m前後に位置し、貝塚の西側に接する沖積地は泥炭層になっている。遺跡は縄文時代後期から晩期に営まれた集落跡で、径約150mの環状貝塚を中心に、台地西側に入り込んだ綾瀬川の小支谷の沖積低湿地にまで広がっている。当時の生活様式を伝える貴重な資料を提供しており、学術的な価値も高いことから、1975年(昭和50)に国の史跡に指定。大正末期からの数次にわたる発掘によって、住居跡をはじめ数多くの遺物が発見された。とくに土偶、土版、土製耳飾り、勾玉(まがたま)、石剣などが多数あり、ほぼ完形な「ミミズク土偶」は重要文化財に指定。低湿地の泥炭層中から出土したクリ、クルミ、ウリなどの種子は、貝層中の動物遺体とともに貴重な資料となっている。東武鉄道野田線岩槻駅から国際興業バス「元浅間」下車、徒歩すぐ。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

真福寺貝塚の関連キーワード埼玉県さいたま市岩槻区真福寺勾玉/曲玉甲野 勇安行貝塚綾瀬川土版

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android