コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢吹[町] やぶき

百科事典マイペディアの解説

矢吹[町]【やぶき】

福島県南部,中通り地方南部の西白河郡の町。一帯は矢吹原台地で近世以降の開拓地が多い。1933年県が御料地払下げを受け,灌漑(かんがい)により開田。中心の矢吹は奥州街道の旧宿駅

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やぶき【矢吹[町]】

福島県南部,西白河郡の町。人口1万9075(1995)。中通り地方の南部に位置する。地勢は全体としてゆるやかな丘陵地帯で,その間に多数の池や耕地が点在し,東端阿武隈川が北流する。中心集落は江戸時代に奥州街道の宿駅として発達した矢吹で,東北本線,国道4号線が通じる。第2次大戦中飛行場にもなった矢吹ヶ原は,1956年に鶴沼川上流の羽鳥ダム湖からの導水により水田地帯に変容した。73年に東北自動車道矢吹インターチェンジが設置されて以来,多数の工場が進出し,周辺市町村より多くの通勤者を集めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矢吹[町]の関連情報