コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢掛町 やかげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢掛〔町〕
やかげ

岡山県南西部,高梁 (たかはし) 川の支流小田川中流域にある町。 1896年町制。 1954年美川 (みかわ) ,三谷 (みたに) ,山田,川面 (かわも) ,中川の5村と合体。 61年小田町を編入。中心集落の矢掛は旧山陽道の宿場町,小田川の河港として発展。 JRバス (両備線) の終点。周辺ではイネ,ナシ,ブドウの栽培が行われる。旧本陣の石井家住宅,脇本陣の高草 (たかくさ) 家住宅は重要文化財に指定。北部美山川沿いに鬼ヶ岳の渓谷 (名勝) ,東部に下道 (しもつみち) 氏墓 (史跡) がある。南部の竹林寺山には国立天文台岡山天体物理観測所がある。面積 90.62km2。人口 1万4201(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

矢掛町の関連情報