コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知内[町] しりうち

世界大百科事典 第2版の解説

しりうち【知内[町]】

北海道南西部,渡島(おしま)支庁上磯郡の町。渡島半島南部に位置し,津軽海峡に臨む。人口6150(1995)。町名アイヌ語の〈チリ・オチ(鳥のいる所)〉より転訛したものといわれる。鎌倉初期に砂金採取のため和人が渡来し,定住したとの伝承が残る。明治中ごろまでは沿岸漁業を営む漁業中心の集落であったが,その後知内川流域の開拓が進み,農業中心の町へと変貌した。水田単作農家が多く,経営規模は小さい。沿岸漁業は小谷石,湧元などの集落を中心に営まれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android