コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知夫里島 ちぶりじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

知夫里島
ちぶりじま

島根県隠岐諸島,島前の南西部にある島。全島知夫村。古くは「千波島」と記され,赤灘瀬戸で西ノ島と,大口で中ノ島とへだてられている。粗面玄武岩が広く分布し,西岸名勝天然記念物知夫赤壁 (ちぶりせきへき) がある。南端の知夫港は本土に最も近く島前の入口にあたる。面積 13.68km2。人口 718 (2000) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕知夫里島(ちぶりじま)


島根県北部、隠岐(おき)諸島の一島。島前(どうぜん)南部に位置する。面積13.0km2。属島とともに知夫(ちぶ)村をなす。西部のアカハゲ山(標高324.5m)を主峰とする台状の島で、全島玄武岩におおわれる。西岸にある海食崖(かいしょくがい)の知夫赤壁(ちぶのせきへき)は大山(だいせん)隠岐国立公園を代表する景勝地で、国の名勝・天然記念物に指定されている。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

知夫里島
ちぶりしま

島根県北東部、隠岐(おき)諸島の島前(どうぜん)南西部にある島。知夫村に属す。面積13.70平方キロメートル。粗面玄武岩からなり、中央南部を除いて全島が急峻(きゅうしゅん)な山地で、赤禿(あかはげ)山(325メートル)などがある。海岸部は多く海食崖(がい)を形成し、西海岸には国指定名勝・天然記念物の知夫赤壁(ちぶのせきへき)がある。高さ50~200メートルの海食を受けた断崖が約1キロメートル続き、崖下には二段の海岸段丘があり、その上に波食甌穴(おうけつ)や海食溝などがある。人口663(2009)。[飯田 光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の知夫里島の言及

【隠岐】より

…島根県北東部,日本海に浮かぶ諸島。ほぼ円形の島後(どうご)と南西の知夫里(ちぶり)島,中ノ島,西ノ島(この3島を島前(どうぜん)という)の4島のほか,約180の小島からなる。かつて島後は周吉(すき),穏地(おち)の2郡,島前は知夫,海士(あま)の2郡に分かれていたが,1969年4郡を合併して全域を隠岐郡と改称した。…

【知夫[村]】より

…島根県隠岐郡,隠岐諸島島前(どうぜん)の最南端,知夫里(ちぶり)島と周辺の小さな無人島からなる村。人口802(1995)。…

※「知夫里島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

知夫里島の関連キーワード日本の国立公園島根県隠岐郡知夫(村)知夫[村]知夫赤壁島津島海食崖主峰台状属島

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知夫里島の関連情報