知夫里島(読み)ちぶりじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

知夫里島
ちぶりじま

島根県隠岐諸島,島前の南西部にある島。全島知夫村。古くは「千波島」と記され,赤灘瀬戸で西ノ島と,大口で中ノ島とへだてられている。粗面玄武岩が広く分布し,西岸名勝天然記念物知夫赤壁 (ちぶりせきへき) がある。南端の知夫港は本土に最も近く島前の入口にあたる。面積 13.68km2。人口 718 (2000) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕知夫里島(ちぶりじま)


島根県北部、隠岐(おき)諸島の一島。島前(どうぜん)南部に位置する。面積13.0km2。属島とともに知夫(ちぶ)村をなす。西部のアカハゲ山(標高324.5m)を主峰とする台状の島で、全島玄武岩におおわれる。西岸にある海食崖(かいしょくがい)の知夫赤壁(ちぶのせきへき)は大山(だいせん)隠岐国立公園を代表する景勝地で、国の名勝・天然記念物に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

知夫里島
ちぶりしま

島根県北東部、隠岐(おき)諸島の島前(どうぜん)南西部にある島。知夫村に属す。面積13.70平方キロメートル。粗面玄武岩からなり、中央南部を除いて全島が急峻(きゅうしゅん)な山地で、赤禿(あかはげ)山(325メートル)などがある。海岸部は多く海食崖(がい)を形成し、西海岸には国指定名勝・天然記念物の知夫赤壁(ちぶのせきへき)がある。高さ50~200メートルの海食を受けた断崖が約1キロメートル続き、崖下には二段の海岸段丘があり、その上に波食甌穴(おうけつ)や海食溝などがある。人口663(2009)。[飯田 光]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の知夫里島の言及

【隠岐】より

…島根県北東部,日本海に浮かぶ諸島。ほぼ円形の島後(どうご)と南西の知夫里(ちぶり)島,中ノ島,西ノ島(この3島を島前(どうぜん)という)の4島のほか,約180の小島からなる。かつて島後は周吉(すき),穏地(おち)の2郡,島前は知夫,海士(あま)の2郡に分かれていたが,1969年4郡を合併して全域を隠岐郡と改称した。…

【知夫[村]】より

…島根県隠岐郡,隠岐諸島島前(どうぜん)の最南端,知夫里(ちぶり)島と周辺の小さな無人島からなる村。人口802(1995)。…

※「知夫里島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知夫里島の関連情報