石井=ランシング協定(読み)いしい=ランシングきょうてい(英語表記)Lansing-Ishii Agreement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「石井=ランシング協定」の解説

石井=ランシング協定
いしい=ランシングきょうてい
Lansing-Ishii Agreement

1917年 11月2日ワシントン D.C.で石井菊次郎特使と R.ランシング国務長官との間にかわされた「中国に関する日米交換公文」のことで,両者の名前を取ってこう呼ばれる。内容は,アメリカが「中国において日本が特殊の利益を有している」ことを承認し,他方日本は「この特殊利益によって他国に通商上の差別待遇を与えない」ことを約束し,同時に両国が「中国の領土保全,門戸開放,機会均等主義」を確認したもの。第1次世界大戦の間隙を縫って日本が山東に派兵をしたことなどから日米関係は悪化していたが,これにより改善された。しかし,「特殊利益」の解釈は当初から食違っており,23年4月アメリカの圧力のもとで廃棄された。 (→門戸開放政策 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「石井=ランシング協定」の解説

石井=ランシング協定【いしいランシングきょうてい】

1917年11月,日本特命全権大使石井菊次郎と米国国務長官ランシングとの間にかわされた,中国に関する日米共同覚書。中国における日本の特殊権益の承認,中国の領土保全,門戸開放,商工業上の機会均等などを規定。日本は二十一ヵ条要求に基づいた日中条約を含む日本の特殊地位が認められたとしたが,第1次大戦後,日米の勢力関係は逆転,中国での日本の特殊権益も1922年のワシントン会議九ヵ国条約で否認されて,この協定も空文化し,1923年4月廃棄。
→関連項目寺内正毅内閣

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「石井=ランシング協定」の解説

いしいランシングきょうてい【石井=ランシング協定】

第1次大戦中,アメリカと日本の間に結ばれた中国に関する共同宣言。二十一ヵ条要求など第1次大戦中の日本の中国侵略に不安をもったアメリカは,1917年の対独参戦を機に日本からの特使派遣を要請し,日本は前外相石井菊次郎を特使として派遣した。同年9月,石井は国務長官R.ランシングと交渉を開始,日本の中国における特殊地位を強調した。これに対してランシングは日本の行動を抑制するため,中国での勢力圏の撤廃と領土保全,機会均等について宣言することを求めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android