コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井菊次郎 いしい きくじろう

美術人名辞典の解説

石井菊次郎

外交官。上総生。旧姓は大和久。帝大卒。明治23年(1890)外務省に入り、外務次官駐仏大使等を経て、外相となった。大正5年(1916)貴族院議員。翌年全権大使として渡米、「石井ランシング協定」を締結する。9年駐仏大使。昭和2年(1927)ジュネーブ軍縮会議全権委員、のち枢密顧問官となった。子爵。昭和20年(1945)歿、80才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

石井菊次郎【いしいきくじろう】

外交官。上総(かずさ)国長柄(ながら)郡出身,帝大卒後外務省に入る。1915年大隈重信内閣の外相となり,二十一ヵ条要求後の対華積極外交を推進。1917年特命全権大使として渡米し石井=ランシング協定を締結。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井菊次郎 いしい-きくじろう

1866-1945 明治-昭和時代前期の外交官。
慶応2年3月10日生まれ。石井邦猷(くにみち)の養子。明治41年外務次官。駐仏大使をへて,大正4年外相。翌年貴族院議員。6年特派大使として渡米し,石井-ランシング協定をむすぶ。駐米大使,国際連盟日本代表をつとめ,昭和4年枢密顧問官。子爵。昭和20年5月25-26日の東京空襲で行方不明となった。80歳。上総(かずさ)(千葉県)出身。帝国大学卒。旧姓は大和久(おおわく)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いしいきくじろう【石井菊次郎】

1866‐1945(慶応2‐昭和20)
明治期から昭和期の外交官。千葉県出身。1890年帝大法科大学卒業,同年外務省に入る。パリ,北京などに在勤し,通商局長,第2次西園寺公望内閣の林董外相のもとで次官,さらに1912年駐仏大使となる。第1次大戦中の14年大隈重信内閣の外相に就任し,日露協約締結など戦時外交に苦心する。17年特派大使として渡米,石井=ランシング協定調印,翌年駐米大使となり,シベリア出兵に関する日米交渉にあたったが,18年辞任。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いしいきくじろう【石井菊次郎】

1866~1945) 外交官・政治家。千葉県生まれ。東大卒。1915年(大正4)外相。石井 - ランシング協定を結び、27年(昭和2)にはジュネーブ軍縮会議全権となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石井菊次郎
いしいきくじろう

[生]慶応2(1866).3.10. 千葉
[没]1945.5.26. 東京
外交官。東京大学卒業後外務省に入り,駐仏,駐米各大使,外務次官を経て大隈内閣の外相。 1917年アメリカで石井=ランシング協定を締結し,中国における日本の特殊利益を規定した。 20年に国際連盟日本政府代表,ジュネーブ軍縮会議などの全権となった。 29年枢密顧問官に就任。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石井菊次郎
いしいきくじろう
(1866―1945)

外交官。慶応(けいおう)2年3月10日上総(かずさ)国(千葉県)に生まれる。旧姓大和久(おおわく)。帝国大学法科大学卒業後1891年(明治24)外務省に入り、石井邦猷(くにみち)の養子となる。通商局長、次官、駐仏大使を歴任後、1915年(大正4)第二次大隈重信(おおくましげのぶ)内閣の外相に就任、日露協約の締結に尽力。1917年アメリカ特派大使として石井‐ランシング協定を結ぶ。1920年駐仏大使となり、ベルサイユ体制下の国際会議で平和条約実施委員長、国際連盟日本代表、同議長、ジュネーブ軍縮会議日本代表などを務め、1927年(昭和2)退官。以後1929~1945年枢密顧問官、1933年世界経済会議日本代表を務め、外交界の長老として重きをなす。昭和20年5月の東京大空襲の際に行方不明となる(5月26日没)。[大森とく子]
『石井菊次郎著、鹿島平和研究所編『外交随想──石井菊次郎遺稿』(1967・鹿島研究所出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石井菊次郎の言及

【石井=ランシング協定】より

…第1次大戦中,アメリカと日本の間に結ばれた中国に関する共同宣言。二十一ヵ条要求など第1次大戦中の日本の中国侵略に不安をもったアメリカは,1917年の対独参戦を機に日本からの特使派遣を要請し,日本は前外相石井菊次郎を特使として派遣した。同年9月,石井は国務長官R.ランシングと交渉を開始,日本の中国における特殊地位を強調した。…

※「石井菊次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石井菊次郎の関連キーワード第一次世界大戦史(年表)ジュネーブ軍縮委員会石井ランシング協定相(鉱物)三宅米吉大隈内閣白鳥敏夫

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android