コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石原修 いしはら おさむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石原修 いしはら-おさむ

1885-1947 大正-昭和時代前期の衛生学者。
明治18年10月18日生まれ。工場,鉱山労働環境をしらべ,女子労働者の結核が帰郷地でひろがる事実をつきとめ,工場法の実施をうながした。大阪帝大教授。昭和22年6月29日死去。63歳。兵庫県出身。京都帝大福岡医大(現九大医学部)卒。著作に「衛生学上ヨリ見タル女工之現況」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いしはらおさむ【石原修】

1885‐1947(明治18‐昭和22)
衛生学者。兵庫県伊丹町出身。1908年京都帝国大学福岡医科大学(のち九大医学部)卒業,翌年東京帝大衛生学教授横手千代之助の指導のもと,内務省農商務省から嘱託された鉱山・工場の衛生調査に従事。この調査が13年国家医学会例会での〈女工と結核〉および〈衛生学上ヨリ見タル女工之現況〉として結実した。特色は,従来の断面的調査を一歩進めて,帰郷女工の追跡調査を加えたことである。この調査は事業主の依頼によって行われたものではなかったため,より衛生の実態が明確になり,帰郷女工と結核の関係および農村の結核まんえんの状態が明らかにされて,工場法実施推進に論拠を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石原修
いしはらおさむ
(1885―1947)

医学者。明治18年10月18日兵庫県に生まれる。紡績業を中心とする女子労働者の劣悪な労働環境を調査し、工場法成立に大きな役割を果たした。京都帝国大学福岡医科大学卒業後、1909年(明治42)より内務省嘱託(のち農商務省嘱託)として工場法準備のための工場衛生に関する調査を実施、工場内の衛生状態だけでなく、農村出身女工の帰郷後の健康状態を追跡調査することにより、工場内で発生した結核が帰郷女工を通じて全国に蔓延(まんえん)する事実を明らかにして、工場法推進の決定打とした。『女工と結核』『衛生学上ヨリ見タル女工之現况』などの論著がある。のち工場監督官、大阪医科大学教授などを務めた。昭和22年6月29日没。[米田佐代子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

石原修の関連キーワード職業病大正

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石原修の関連情報