コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石原謙 いしはらけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石原謙
いしはらけん

[生]1882.8.1. 東京
[没]1976.7.4. 東京
キリスト教学者。物理学者純は兄。 1907年,東京大学哲学科卒業,同大学院に進む。のちハイデルベルク大学などで学び,キリスト教史研究の基礎を固めた。帰国して東京大学助教授に就任。 24年,東北大学教授となり,のち東京女子大学長,青山学院大学講師を歴任。日本学士院会員。 73年,文化勲章受章。主著キリスト教源流』 (1972) ,『キリスト教の展開』 (72) ,『石原謙著作集』 (11巻,78~79) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いしはら‐けん【石原謙】

[1882~1976]キリスト教史学者。東京の生まれ。東北大教授・東京女子大学長。日本のキリスト教史学を確立した。文化勲章受章。著「基督教史」「キリスト教の源流」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石原謙 いしはら-けん

1882-1976 大正-昭和時代のキリスト教学者。
明治15年8月1日生まれ。石原忍(しのぶ),純の弟。母校東京帝大の助教授となり,ドイツなどに留学。東北帝大教授,東京女子大学長,青山学院大教授を歴任。キリスト教の根源を追究,「キリスト教の源流」「キリスト教の展開」などをあらわした。学士院会員。48年文化勲章。昭和51年7月4日死去。93歳。東京出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いしはらけん【石原謙】

1882~1976) キリスト教史学者。東京生まれ。東大卒。石原純の弟。東北大教授・東京女子大学学長。著「キリスト教の源流」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

石原謙の関連キーワードアウグスティヌス(神学者)石原謙(いしわらけん)石原謙(いしはらけん)キリスト者の自由アンブロシウス石原 謙ルター石原純

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android