石原謙(読み)いしはらけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石原謙
いしはらけん

[生]1882.8.1. 東京
[没]1976.7.4. 東京
キリスト教学者。物理学者純は兄。 1907年,東京大学哲学科卒業,同大学院に進む。のちハイデルベルク大学などで学び,キリスト教史研究の基礎を固めた。帰国して東京大学助教授に就任。 24年,東北大学教授となり,のち東京女子大学長,青山学院大学講師を歴任。日本学士院会員。 73年,文化勲章受章。主著キリスト教源流』 (1972) ,『キリスト教の展開』 (72) ,『石原謙著作集』 (11巻,78~79) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いしはら‐けん【石原謙】

[1882~1976]キリスト教史学者。東京の生まれ。東北大教授・東京女子大学長。日本のキリスト教史学を確立した。文化勲章受章。著「基督教史」「キリスト教の源流」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石原謙 いしはら-けん

1882-1976 大正-昭和時代のキリスト教学者。
明治15年8月1日生まれ。石原忍(しのぶ),純の弟。母校東京帝大の助教授となり,ドイツなどに留学。東北帝大教授,東京女子大学長,青山学院大教授を歴任。キリスト教の根源を追究,「キリスト教の源流」「キリスト教の展開」などをあらわした。学士院会員。48年文化勲章。昭和51年7月4日死去。93歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いしはらけん【石原謙】

1882~1976) キリスト教史学者。東京生まれ。東大卒。石原純の弟。東北大教授・東京女子大学学長。著「キリスト教の源流」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いしはら‐けん【石原謙】

神学者。純の弟。東北大学教授、東京女子大学学長などを歴任。著「ヨーロッパ‐キリスト教史」など。明治一五~昭和五一年(一八八二‐一九七六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android