石堂清倫(読み)いしどう きよとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石堂清倫 いしどう-きよとも

1904-2001 昭和時代の社会運動家。
明治37年4月5日生まれ。東京帝大在学中は新人会で活動。昭和2年共産党に入党,翌年の三・一五事件で検挙される。18年第2次満鉄事件で入獄。戦後再入党し,「レーニン全集」などの翻訳に従事。構造改革論を主張して36年除名された。のち共産主義労働者党の結成に参加。イタリア共産党の構造改革論やトリアッティなどの紹介で知られる。平成13年9月1日死去。97歳。石川県出身。著作に「現代革命と反独占闘争」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石堂清倫の関連情報