コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石岡[市] いしおか

百科事典マイペディアの解説

石岡[市]【いしおか】

茨城県中部,霞ヶ浦北部の常陸(ひたち)台地上にある市。西部は筑波山地の一角をなす。1954年市制。中心市街は松平氏の旧城下町で,近世以後関東の灘といわれた酒造をはじめ醤油,家具,乳製品などを産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いしおか【石岡[市]】

茨城県の中央部にある市。1953年高浜町を編入し翌年市制。人口5万2714(1995)。市域の大半は台地に広がり,南東部は霞ヶ浦高浜入に臨む。古くから開け,国指定史跡舟塚山古墳がある。古代に常陸国府が置かれ,国分寺国分尼寺も建立された(跡地はともに特史)。江戸時代には,水戸徳川家から分かれた府中藩松平氏の陣屋が置かれて平村と呼ばれるようになり,また高浜は霞ヶ浦水運の拠点として栄えた。1869年(明治2)府中藩は石岡藩,平村は石岡町となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報