石庖丁(読み)いしぼうちょう

百科事典マイペディアの解説

石庖丁【いしぼうちょう】

穀類の収穫に用いたと思われる,長方形ないし半月形の扁平な磨製石器。ふつう一方に刃がつき,石器の中央に数個の穴がある。日本,朝鮮,中国,インドなどに広く分布し,日本では弥生(やよい)文化(弥生時代),中国では仰韶(ぎょうしょう)文化竜山文化に伴う。
→関連項目仰韶遺跡石器

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いしぼうちょう【石庖丁】

磨製石器の一種。長方形,紡錘形または半月形を呈する扁平な石器で,一方の長辺に刃がついている(図)。刃は両面から研ぎだしたものと,片面からつけたものとがある。体の中心部に1個または2個の穿孔があり,これに紐を通して指にかけ,穀物の穂を摘むのに用いた。東アジアの初期農耕文化において,根刈用の手鎌に先行した収穫具である。中国の仰韶文化の石庖丁は,長方形で1孔をもつ型式が代表的であり,竜山文化では半月形の型式が加わった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の石庖丁の言及

【石刀】より

…クジラの肋骨で作った骨刀もある。(2)中国先史時代の石庖丁を中国では石刀とよんでいる。この石器の実際の用途は,稲などの穂をつむ道具であって,庖丁ではないから,中国の学者に石庖丁とよぶようにすすめることもできない。…

【石器】より

…網漁の錘もある。秋の稲の収穫時には鎌として石庖丁が使われる。石庖丁には紐掛けの穴が二つあるが,紐擦れの跡も認められるし,穴あけには石錐はもちろんのこと,ときには打製石鏃が転用されて舞錐の刃となった。…

※「石庖丁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android