コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石橋湛山内閣 いしばしたんざんないかく

百科事典マイペディアの解説

石橋湛山内閣【いしばしたんざんないかく】

自由民主党第2代総裁石橋湛山首相とする内閣。1956年12月23日−1957年2月25日。鳩山一郎引退ののち自由民主党内派閥が争い,結局,岸信介をおさえて石橋が総裁に就任,首相に指名され組閣した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石橋湛山内閣
いしばしたんざんないかく

(1956.12.23~1957.2.25 昭和31~32)
自由民主党鳩山一郎(はとやまいちろう)内閣に続く党人派首班の内閣。鳩山の引退声明によって後継総裁は、岸信介(きしのぶすけ)、石井光次郎(いしいみつじろう)、石橋湛山の3候補のなかから公選されることになった。1956年12月14日の党大会で石橋が「7票の差」で最有力候補の岸を破って2代目総裁に選出された。石橋は「国会運営の正常化」「政界および官界の綱紀粛正」「雇用の増大」「福祉国家の建設」「世界平和の確立」という「五つの誓い」を基本方針として、向米一辺倒の是正と日中貿易の拡大、1000億円減税という「積極財政」などの政策を示した。しかし1957年1月、石橋は肺炎にかかり、岸外相を臨時首相代理としたが、長期療養の必要を診断されたため、ついに総辞職した。その進退をめぐる石橋の決断の明快さに対して賛辞を送る者が多かった。[荒 敬]
『辻清明・林茂編『日本内閣史録5』(1981・第一法規出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

石橋湛山内閣の関連キーワード大久保 留次郎平井 太郎宮沢 胤勇宇田 耕一南条 徳男小滝 彬石橋内閣池田勇人神田 博辻清明

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石橋湛山内閣の関連情報