電光石火(読み)デンコウセッカ

  • でんこうせっか デンクヮウセキクヮ
  • でんこうせっか〔デンクワウセキクワ〕

デジタル大辞泉の解説

稲妻や火打ち石が発する閃光(せんこう)。きわめて短い時間のたとえ。
動作が、きわめて速いこと。すばやいこと。「電光石火の早業(はやわざ)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① きわめて短くはかない時間をたとえていう語。
※新撰類聚往来(1492‐1521頃)中「見身只如夢幻泡影、又似電光石火
※鉄眼禅師仮名法語(1691)四「電光石火の我が身、しばらくもとどまることあたはず」
② 動作や振舞いがきわめてすばやいことをたとえていう語。
※浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)二「電光石火(デンカウセックヮ)稲妻が手練に刀打落され」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

いなびかりや火打ち石が出す火花。転じて、動作やふるまいがきわめてすばやいことのたとえ。

[使用例] 不可能を可能にする唯一の方法は、それをきわめて簡単に、電光石火にやっつけるということしかないだろう[石川淳*荒魂|1964]

[使用例] いくらでくのぼうの秀能でも、最初から犯人のわかっているこんどのような事件なら、電光石火の早業で解決することができるであろう[花田清輝*小説平家|1965~67]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電光石火の関連情報