コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石細胞 せきさいぼうstone cell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石細胞
せきさいぼう
stone cell

一種の異形細胞で,普通の柔細胞より大きく,細胞膜肥厚木化して層状の構造が明瞭に認められる。ナシの中果皮シャクヤク塊根などにみられる。肥厚のための沈着物質はリグニンスベリンなどであるが,隣接細胞との間に連絡の壁孔をもっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せき‐さいぼう〔‐サイバウ〕【石細胞】

植物の厚膜細胞の一。ほぼ正多角形で、細胞膜が肥厚・木化したもの。梅・桃の内果皮(俗にたねとよぶ部分)など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

石細胞

 ナシの果実にみられるリグニン,ペントサンの多い厚膜細胞で,食べたときにざらざらした感じがするのはこの細胞のため.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきさいぼう【石細胞 stone cell】

厚い細胞壁(二次壁)をもち,全体としてはおよそ球形に近い形をした硬い植物細胞で,厚壁異形細胞の一つ。一般に二次壁が厚く機械的に植物体を強固にする働きをもつ細胞は厚壁細胞とよばれ厚壁組織を構成する。このうち,縦に長い形をもつものは繊維細胞とよばれるが,比較的短い細胞が厚壁異形細胞とよばれる。したがって厚壁異形細胞は石細胞のほか,さまざまなものがある。石細胞は皮層師部,茎の髄や果実などさまざまなところにあるが,ナシの果実の中にある石細胞は有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せきさいぼう【石細胞】

厚壁細胞の一種。ほぼ正多角形で、細胞壁は木化し、肥厚している。ウメ・モモの内果皮の細胞などがその例。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石細胞
せきさいぼう

植物体における厚壁細胞の一種。石細胞は各方向の直径がほぼ等しい多面体状で、細胞壁が木化して極端に肥厚し、堅い。肥厚が著しいために細胞内空所が小さく、多くは原形質を失っている。肥厚した細胞壁には明らかな層状構造がみられ、壁孔は単一または分枝した細長い管状となって厚い細胞壁を貫いている。ウメやモモの内果皮(核の表面の堅い部分)はほとんどすべて石細胞からなっており、ナシの果肉では少数が固まって散在する。[相馬研吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

石細胞の関連キーワードカリン(花梨)果物

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android