コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石衣 いしごろも

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石衣
いしごろも

和菓子の半生菓子の代表。小豆の中割あんに砂糖の衣を掛けて繭玉碁石の形に整えたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いし‐ごろも【石衣】

餡(あん)に水飴(みずあめ)を加えて練り固め、砂糖の衣で包んだ菓子。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

いしごろも【石衣】

和菓子の一種。あんに水あめを加えて練り、小さくまるめ、すりみつで白い衣をかけたもの。◇関西では「松露(しょうろ)」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

いしごろも【石衣】

こし餡あんに水飴みずあめを加えて練ったものに砂糖の衣をかけた半生菓子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石衣
いしごろも

掛け物の半生(はんなま)菓子。アズキの漉し餡(こしあん)に水飴(みずあめ)を加えて練り、冷却後にマツタケ、ショウロ、繭玉などの姿にこしらえ、砂糖のすり蜜(みつ)を衣にかけて乾燥させる。餡の色が滑らかな糖衣を透かして品よく映り、保存もきく。家庭でも簡単にできるので、昔は駄菓子屋がそれぞれの自家製を商った。駄菓子としての石衣は、掛け物の砂糖も薄く、煮詰めて干し固めるだけの餡には水飴を使わないので舌ざわりが粗く、淡く黒糖の甘味がつけられていた。仙台駄菓子の兎玉(うさぎだま)などにそのおもかげが残っている。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

石衣の関連キーワード半生菓子和菓子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android