コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石見高原 いわみこうげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石見高原
いわみこうげん

中国山地北斜面に広がる浸食面の地形の総称。島根県中部から西部にかけて最も典型的な形がみられる。標高 400~600m。神戸川,江川,高津川などによって深く開析され段丘地形や山間盆地が多い。集落はこの河岸段丘や山間盆地に集中し,開拓地での米の早期栽培やウシの飼育,葉タバコ栽培などが行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いわみ‐こうげん〔いはみカウゲン〕【石見高原】

島根県中西部に広がる高原中国山地西部の脊梁(せきりょう)北側に位置する。標高300~500メートル。江(ごう)川などの河川が谷を形成する。山間盆地が発達し、稲作が行われる。高原では、牧牛・林業のほか高冷地野菜の栽培が見られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

石見高原【いわみこうげん】

中国山地の北側,東を鳥取県西部の日野川で限られ,西は山口県西端に達する標高400〜500mの高原。古生層,花コウ岩などからなり,江(ごう)の川高津川などにより開析される。
→関連項目島根[県]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いわみこうげん【石見高原】

中国地方北西部にある高原。中国山地の北側にあり,浸食によってできたもので,標高300~500m。島根県西部,とくに江(ごう)川中流域のものが最も典型的であるため,このように呼ばれる。浸食面の形成は,中国山地南側の吉備高原に比較して不完全である。江川および神戸(かんど)川,高津川などで深く開析され,これらの河川の本流,支流に遷急点をもち,上流では緩傾斜の浸食面を流れる。たとえば江川支流の矢上川では,断魚渓が遷急点で,上流は矢上盆地となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕石見高原(いわみこうげん)


中国山地北西部、島根県中部から西部に広がる高原。標高約200~600m。江(ごう)の川・神戸(かんど)川・高津(たかつ)川などに浸食され、高原上は山間小盆地が多い。山間小盆地では稲作、高原では木材生産やウシの飼育が盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石見高原
いわみこうげん

中国山地の北西部、島根県西部に広がる高原。静間川、江の川(ごうのかわ)、浜田川、周布(すふ)川などの日本海に注ぐ河川により一部は開析され渓峡谷をつくるが、高原上は数多くの小盆地が分布する。集落は河岸段丘と高原上に立地し、その間は羊腸路で連絡する。盆地にはたたら製鉄跡が多い。高原は赤松と広葉樹で覆われ、パルプ材供給地。かつては木炭の主産地であった。人口流出が多く過疎地域である。[野本晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

石見高原の関連キーワード佐田[町]金城[町]石見〈町〉酪農家牛乳石見[町]三瓶山木屋川高山石見

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android