コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神戸川 かんどがわ

4件 の用語解説(神戸川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神戸川
かんどがわ

島根県中東部の川。神門川とも書く。飯南町の赤名峠に源を発し,北流して出雲平野西部を貫流し日本海へ注ぐ。全長約 87.3km。かつては神西湖に注いでいたが永禄年間 (1558~70) 以後,現在の流路となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんど‐がわ〔‐がは〕【神戸川】

島根県東部を流れる川。斐伊(ひい)川水系の一。広島県境の女亀(めんがめ)山(標高830メートル)に源を発して北流し、出雲(いずも)平野を潤しながら出雲市の稲佐の浜で日本海に注ぐ。長さ82キロ。上流は出雲地方最大の電源地帯で、来島(きじま)ダムがある。出雲市の立久恵(たちくえ)峡は「山陰の耶馬渓(やばけい)」ともいわれる景勝地で、県立自然公園に指定されている。神門(かむと)川。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かんどがわ【神戸川】

神門川とも書く。島根県東部を流れる川。広島県境の赤名峠付近を源として北流し,立久恵峡(たちくえきよう)を経て出雲平野西部を横切り,日本海に注ぐ。全長82km,流域面積411km2。かつては出雲市朝山からただちに西流して神西湖に注いでいたが,永禄年間(1558‐70)以後今日の流路となった。県東部一の水力発電源で,とくに上流の赤来(あかぎ)町の来島(きじま)ダムの水はトンネル江の川に落とし,大和村の潮発電所(最大出力3万6000kW)を動かしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神戸川
かんどがわ

島根県東部を北西流する川。延長81キロメートル。飯石(いいし)郡飯南(いいなん)町の女亀(めんがめ/めかめ)山を源とし、出雲(いずも)市の大社(たいしゃ)湾で日本海に注ぐ。『出雲国風土記(ふどき)』には神門(かんど)川と記される。かつては神西(じんざい)湖に注いでいたが、洪水などでたびたび流路を変更し、現在の下流河道は江戸時代に大梶七兵衛らによる改修で定まった。かつては舟運があり、山陰の耶馬渓(やばけい)と称された立久恵(たちくえ)峡と下流の馬木(まぎ)不動間にも舟が運航された。上流には江の川(ごうのかわ)に分水する発電用の来島(きじま)ダムがある。[矢野 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神戸川の関連キーワード磐井川蛇尾川ソロ川高津川ダモダル川飯梨川片貝川佐陀川島根県出雲市神門町神門川

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神戸川の関連情報