コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神戸川 かんどがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神戸川
かんどがわ

島根県中東部の川。神門川とも書く。飯南町赤名峠に源を発し,北流して出雲平野西部を貫流し日本海へ注ぐ。全長約 87.3km。かつては神西湖に注いでいたが永禄年間 (1558~70) 以後,現在の流路となった。上流に来島ダムがあり,出雲最大級の水力発電量をもつ。中流には立久恵峡県立自然公園がある。川沿いを国道 184号線が通じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんど‐がわ〔‐がは〕【神戸川】

島根県東部を流れる川。斐伊(ひい)川水系の一。広島県境の女亀(めんがめ)山(標高830メートル)に源を発して北流し、出雲(いずも)平野を潤しながら出雲市稲佐の浜で日本海に注ぐ。長さ82キロ。上流は出雲地方最大の電源地帯で、来島(きじま)ダムがある。出雲市の立久恵(たちくえ)峡は「山陰の耶馬渓(やばけい)」ともいわれる景勝地で、県立自然公園に指定されている。神門(かむと)川。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんどがわ【神戸川】

神門川とも書く。島根県東部を流れる川。広島県境の赤名峠付近を源として北流し,立久恵峡(たちくえきよう)を経て出雲平野西部を横切り,日本海に注ぐ。全長82km,流域面積411km2。かつては出雲市朝山からただちに西流して神西湖に注いでいたが,永禄年間(1558‐70)以後今日の流路となった。県東部一の水力発電源で,とくに上流の赤来あかぎ)町の来島(きじま)ダムの水はトンネルで江の川に落とし,大和村の潮発電所(最大出力3万6000kW)を動かしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神戸川
かんどがわ

島根県東部を北西流する川。延長81キロメートル。飯石(いいし)郡飯南(いいなん)町の女亀(めんがめ/めかめ)山を源とし、出雲(いずも)市の大社(たいしゃ)湾で日本海に注ぐ。『出雲国風土記(ふどき)』には神門(かんど)川と記される。かつては神西(じんざい)湖に注いでいたが、洪水などでたびたび流路を変更し、現在の下流河道は江戸時代に大梶七兵衛らによる改修で定まった。かつては舟運があり、山陰の耶馬渓(やばけい)と称された立久恵(たちくえ)峡と下流の馬木(まぎ)不動間にも舟が運航された。上流には江の川(ごうのかわ)に分水する発電用の来島(きじま)ダムがある。[矢野 博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

神戸川の関連キーワード斐伊川・神戸川治水事業3点セット日本丸(帆船練習船)プロレタリア演劇古鷹型重巡洋艦妙高型重巡洋艦長良型軽巡洋艦球磨型軽巡洋艦那珂型軽巡洋艦高雄型重巡洋艦隼鷹型航空母艦最上型重巡洋艦翔鶴型航空母艦伊勢型戦艦須田 利信飯南(町)軍艦小事典島根(県)金剛型戦艦川崎 正蔵滝沢 脩作

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神戸川の関連情報