コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫化バリウム りゅうかバリウム barium sulfide

3件 の用語解説(硫化バリウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫化バリウム
りゅうかバリウム
barium sulfide

化学式 BaS 。無色立方晶系結晶。融点 2200℃以上,比重 4.25,有毒。冷水に微溶,塩化アンモニウム溶液に可溶,酸によく溶け硫化水素を発生する。空気中では酸化されて黄色を呈し,湿気により硫化水素を発生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうかバリウム【硫化バリウム barium sulfide】

化学式BaS。硫酸バリウムBaSO4(工業的には重晶石)を炭素Cとともに600~800℃に熱し,還元して製造される。 BaSO4+2C―→BaS+2CO2無色の結晶(等軸晶系)。比重4.25(15℃)。Ba2+とS2-のイオンから成る岩塩NaCl型のイオン結晶で,融点は2000℃以上と高いが,空気中で酸化されて黄色をおび,湿気にあうと硫化水素を発生するなど,反応性に富む物質である。水には不溶だが,徐々に加水分解して硫化水素バリウムBa(HS)2と水酸化バリウムBa(OH)2を生ずる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫化バリウム
りゅうかばりうむ
barium sulfide

バリウムと硫黄(いおう)の化合物。通常、バリウムの一硫化物のことをいい、他はポリ硫化バリウムとよばれる。重晶石(硫酸バリウム)を600~800℃で炭素で還元することによって製造される。実験室的には、加熱した炭酸バリウムに硫化水素と水素の等量混合ガスを通ずる方法がある。白色の結晶性粉末であるが、市販品は灰色を帯びる。空気中では酸化され、黄色からオレンジ色に変わる。湿気中で硫化水素を発生する。水には溶けないが、徐々に加水分解を受け、硫化水素バリウムと水酸化バリウムを生成する。不純物を含むものはリン光を発する。脱毛作用がある。硫化亜鉛と混合して白色の顔料(リトポン)を製造するのに用いられる。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硫化バリウムの関連キーワード亜硝酸塩化バリウム塩素酸酸化バリウム炭酸バリウムチタン酸バリウム硫酸バリウム共沈メタチタン酸バリウムバリウム鉱物

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone