コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱毛剤 だつもうざい

5件 の用語解説(脱毛剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脱毛剤
だつもうざい

わきの下やすねなどの毛を除去する衛生用品の一種。角質を溶解する硫化アルカリ剤が使用されることが多いが,そのままでは皮膚角質も溶解するので,トラガントなどの緩和剤を混ぜて用いる。オキシフルなどの酸化剤を使用することもあるが,効果は少い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

脱毛剤【だつもうざい】

毛を化学的に取り除く際用いる薬剤。毛の角質を軟化させるナトリウムカルシウムストロンチウム等の硫化物かチオグリコール酸塩をペーストクリームに製剤したもの。局所に塗擦し,一定時間後に毛とともにぬぐい取る。
→関連項目脱毛法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脱毛剤
だつもうざい

毛を腐食して除去する薬剤で、主として美容のために用いられる。そのほか手術前の脱毛や、経皮吸収の実験のための動物の脱毛などの用途がある。脱毛には、化学反応によって毛髪の成分であるアミノ酸システイン結合を切断する化学的脱毛と、粘着性テープを皮膚にぴったりと張り付けたのち、そのテープをはがして脱毛する物理的脱毛とがある。化学的脱毛は、アルカリ剤、還元剤により毛の成分のS‐S結合を切断し、ふき取ることによって皮膚上から脱毛する。チオグリコール酸カルシウムを成分とするものが多く市販されている。そのほか硫化ストロンチウム、亜硫酸バリウムが使用されるが、バリウム塩は毒性が大きく、最近はあまり用いられない。脱毛クリームといってクリーム型脱毛剤が使われているが、ローション、パウダータイプのものもある。チオグリコール酸塩の反応加速剤としてチオ尿素、メタケイ酸ソーダなどが配合される。脱毛クリームは医薬部外品で、「エバクレームS」にはチオグリコール酸カルシウム、セタノールプロピレングリコール、ラウリル硫酸ナトリウムが含まれている。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の脱毛剤の言及

【脱毛】より

…手足や腋(わき)の下のむだ毛を除いて美しくすること。脱毛剤が一般化するまでは,かみそりでそっていた。脱毛には加熱溶融したワックスを塗り,固化したのち,はがすと同時に物理的に脱毛する方法と,チオグリコール酸カルシウムが,強アルカリ(pH9~12)のもとでは毛の主成分であるケラチンを還元し,溶解するという作用を利用した化学的脱毛方法とがある。…

※「脱毛剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脱毛剤の関連情報