コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫酸ニッケル りゅうさんニッケル nickel sulfate

3件 の用語解説(硫酸ニッケルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫酸ニッケル
りゅうさんニッケル
nickel sulfate

化学式 NiSO4 。無水塩は緑黄結晶 (立方晶系) 。加熱すると 840℃で分解する。水溶液を 31.5~53.3℃で蒸発させると,青緑結晶 (6水塩,正方晶系) となる。 53.3℃以上で蒸発させると緑色結晶 (6水塩,単斜晶系) となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうさんニッケル【硫酸ニッケル nickel sulfate】

化学式NiSO4。酸化数IIのニッケルの硫酸塩のみが知られ,無水和物および1,2,4,6,7水和物が得られている。無水和物は水和物を強熱すると得られる。緑黄色結晶。立方晶系。比重3.68。吸湿性で,湿った空気中では6水和物になる。加熱すると848℃で三酸化硫黄SO3を出して分解する。水に対する溶解度27.2g/100g(0℃)。6水和物にはα,βの2変態がある。硫酸ニッケル(II)水溶液を31.5~53.3℃で蒸発するとα形が得られ,53.3℃以上でβ形が得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫酸ニッケル
りゅうさんにっける
nickel sulfate

ニッケルの硫酸塩。無水和物の化学式NiSO4、式量154.8。一、二、四、六および七水和物が知られている。七水和物は天然にモレノサイトとして産出するが、ニッケル、酸化ニッケル()、水酸化ニッケル()あるいは炭酸ニッケルを希硫酸に溶かし、室温で蒸発濃縮すれば、緑色の針状晶として得られる。空気中で風解して白色の粉末となるが、水を加えると緑色に戻る。100℃で4分子、103.3℃で6分子、279.4℃ですべての水を失う。カリウム、ルビジウム、セシウム、アンモニウム、タリウム(I)の硫酸塩とタットン塩型の複塩MI2Ni(SO4)26H2Oをつくる。ニッケルめっき、水素添加触媒、媒染剤、顔料の製造などに用いられる。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硫酸ニッケルの関連キーワード酸化鉛酸化ニッケル酸化バナジウム水酸化クロムニッケル珪ニッケル鉱ニッケル亜鉛電池フェロニッケル硫化ニッケル酸化ニッケル(II)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

硫酸ニッケルの関連情報