コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫酸ニッケル りゅうさんニッケルnickel sulfate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫酸ニッケル
りゅうさんニッケル
nickel sulfate

化学式 NiSO4 。無水塩は緑黄結晶 (立方晶系) 。加熱すると 840℃で分解する。水溶液を 31.5~53.3℃で蒸発させると,青緑結晶 (6水塩,正方晶系) となる。 53.3℃以上で蒸発させると緑色結晶 (6水塩,単斜晶系) となる。また,炭酸ニッケルの硫酸溶液を常温で蒸発させると,緑色針状晶 (7水塩,斜方晶系) が得られる。ニッケルメッキなどに使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうさんニッケル【硫酸ニッケル nickel sulfate】

化学式NiSO4。酸化数IIのニッケルの硫酸塩のみが知られ,無水和物および1,2,4,6,7水和物が得られている。無水和物は水和物を強熱すると得られる。緑黄色結晶。立方晶系。比重3.68。吸湿性で,湿った空気中では6水和物になる。加熱すると848℃で三酸化硫黄SO3を出して分解する。水に対する溶解度27.2g/100g(0℃)。6水和物にはα,βの2変態がある。硫酸ニッケル(II)水溶液を31.5~53.3℃で蒸発するとα形が得られ,53.3℃以上でβ形が得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫酸ニッケル
りゅうさんにっける
nickel sulfate

ニッケルの硫酸塩。無水和物の化学式NiSO4、式量154.8。一、二、四、六および七水和物が知られている。七水和物は天然にモレノサイトとして産出するが、ニッケル、酸化ニッケル()、水酸化ニッケル()あるいは炭酸ニッケルを希硫酸に溶かし、室温で蒸発濃縮すれば、緑色の針状晶として得られる。空気中で風解して白色の粉末となるが、水を加えると緑色に戻る。100℃で4分子、103.3℃で6分子、279.4℃ですべての水を失う。カリウム、ルビジウム、セシウム、アンモニウム、タリウム(I)の硫酸塩とタットン塩型の複塩MI2Ni(SO4)26H2Oをつくる。ニッケルめっき、水素添加触媒、媒染剤、顔料の製造などに用いられる。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

硫酸ニッケルの関連情報