硫酸ニッケル(読み)りゅうさんニッケル(英語表記)nickel sulfate

  • 硫酸ニッケル nickel sulfate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学式 NiSO4 。無水塩は緑黄結晶 (立方晶系) 。加熱すると 840℃で分解する。水溶液を 31.5~53.3℃で蒸発させると,青緑結晶 (6水塩,正方晶系) となる。 53.3℃以上で蒸発させると緑色結晶 (6水塩,単斜晶系) となる。また,炭酸ニッケルの硫酸溶液を常温で蒸発させると,緑色針状晶 (7水塩,斜方晶系) が得られる。ニッケルメッキなどに使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

化学式NiSO4。酸化数IIのニッケルの硫酸塩のみが知られ,無水和物および1,2,4,6,7水和物が得られている。無水和物は水和物を強熱すると得られる。緑黄色結晶。立方晶系。比重3.68。吸湿性で,湿った空気中では6水和物になる。加熱すると848℃で三酸化硫黄SO3を出して分解する。水に対する溶解度27.2g/100g(0℃)。6水和物にはα,βの2変態がある。硫酸ニッケル(II)水溶液を31.5~53.3℃で蒸発するとα形が得られ,53.3℃以上でβ形が得られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニッケルの硫酸塩。無水和物の化学式NiSO4、式量154.8。一、二、四、六および七水和物が知られている。七水和物は天然にモレノサイトとして産出するが、ニッケル、酸化ニッケル(Ⅱ)、水酸化ニッケル(Ⅱ)あるいは炭酸ニッケルを希硫酸に溶かし、室温で蒸発濃縮すれば、緑色の針状晶として得られる。空気中で風解して白色の粉末となるが、水を加えると緑色に戻る。100℃で4分子、103.3℃で6分子、279.4℃ですべての水を失う。カリウム、ルビジウム、セシウム、アンモニウム、タリウム(Ⅰ)の硫酸塩とタットン塩型の複塩MI2Ni(SO4)26H2Oをつくる。ニッケルめっき、水素添加触媒、媒染剤、顔料の製造などに用いられる。

[鳥居泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android