コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会主義市場経済 しゃかいしゅぎしじょうけいざい

知恵蔵の解説

社会主義市場経済

天安門事件後も、いわゆる「改革・開放」路線をめぐって深刻な党内闘争の絶えなかった中国では、1992年10月、中国共産党第14回大会を開催、経済の市場化を目指す路線を確定した。その際に提起されたのが、「社会主義市場経済」のテーゼである。一方では社会主義の目標を掲げ、他方では市場経済を推進しようとする路線は、経済は自由化、政治は一党独裁という、政治的・社会的現実の矛盾を反映している。「社会主義市場経済」への転換は、社会主義革命国家としての中国の体制を、自ら掘り崩すことになるともいえなくはない。

(中嶋嶺雄 国際教養大学学長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

社会主義市場経済【しゃかいしゅぎしじょうけいざい】

中国で唱えられている新たな経済方式。元来の計画経済・統制経済としての〈社会主義〉に市場経済のメカニズムを導入したもの。ここで〈社会主義〉とは資産の公有制を意味し,〈市場経済〉とは市場の価格の調整機能を活用するという意味である。
→関連項目改革・開放中華人民共和国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しゃかいしゅぎしじょうけいざい【社会主義市場経済】

社会主義の枠内で私営や市場機構を認め、商品生産・流通を活発化させることを目的とする経済体制。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

社会主義市場経済
しゃかいしゅぎしじょうけいざい

中国共産党の第14回党大会(1992年10月)の政治報告で、1990年代の改革と建設の主要任務の一つとして提起された体制。社会主義のマクロ調整のもとで市場経済に資源分配の基礎的な役割を果たさせるというもので、共産党が正式に市場経済を認知したのはこれが初めてである。「市場経済が即資本主義であるとはいえず、社会主義にも市場はある」という最高実力者(とう)小平の考えがその基礎となっており、これが党の方針として確定されたことは、保守派に対する改革派の勝利が決定的になったことを示している。1993年3月の第8期全国人民代表大会第1回会議で改正された憲法でも、その第15条に「社会主義市場経済を実行する」という文言が明記され、従来の計画経済体制は放棄されることとなった。しかし市場経済が浸透し、高度経済成長が続くなかで、国有企業の不振、貧富の格差の拡大、幹部の腐敗といったひずみが顕在化し、「政治は一党独裁、経済は市場経済」という体制に限界が見え始めている。[渡邊幸秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

社会主義市場経済の関連キーワードホルバート(Branko Horvat)日中貿易[第2次世界大戦後]社会主義市場経済論国有企業(中国)中国の改革・開放チャイナショックB. ホルバート全国人民代表大会比較経済体制論市場社会主義社会主義経済四つの現代化鄧小平体制マイン体制鄧小平理論市場機構商品生産経済体制三中全会3中全会

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会主義市場経済の関連情報