コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祐尊(3) ゆうそん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祐尊(3) ゆうそん

1329-1412 南北朝-室町時代の僧。
元徳元年生まれ。東寺領播磨(はりま)(兵庫県)矢野荘代官永和2=天授2年荘園の収取基準をきめたが,翌年惣荘一揆(そうしょういっき)がおこり,その責任をとわれて罷免された。のち最勝光院,宝荘厳院公文(くもん)となる。応永19年10月5日死去。84歳。通称は上総房(かずさぼう),高井法眼。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

祐尊(3)の関連キーワード室町時代南北朝

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android