神力(読み)シンリキ

デジタル大辞泉プラスの解説

神力(しんりき)

酒造好適米の品種のひとつ。兵庫県の丸尾重次郎在来品種の程吉から無芒種を選抜。戦後、栽培が途絶えたが、1997年から復活した。複数県でそれぞれ保存種子から系統選出したため品質は均一でない。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

じんりき【神力】

〔「しんりき」とも〕
神の威力。神の通力。神通力。 「 -既に差し副へたり/盛衰記 42

しんりょく【神力】

神の偉大な働き。しんりき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android