神明山古墳(読み)しんめいやまこふん

国指定史跡ガイドの解説

しんめいやまこふん【神明山古墳】


京都府京丹後市丹後町宮にある古墳。丹後半島を貫く竹野川の河口付近に位置する、日本海側では最大級の前方後円墳。古墳時代中期後半の5世紀に、北東から延びた丘陵の一部を利用して築造され、広大な前方後円墳の前方部は丘陵でその間を掘り切って墳形が造られており、墳丘長は190mである。前方部は3段に築かれ、中央のくびれ部には円形の造り出しがあって、墳丘全面を葺()いたと思われる礫(れき)が数多く存在する。当初は海と関係のある豪族の墓と推定されたが、その後、古墳北西にあった潟湖(せきこ)の竹野湖畔に位置し、砂丘で海と隔たっていることが指摘された。古代の海岸線と平行に築造されて葺石(ふきいし)があることから、海上からは白色に輝いてよく目立ち、港の位置を示す標識にもなったと考えられている。4世紀後半以降は、港との関係で大規模な前方後円墳が各地に現れ、上総(かずさ)や尾張、丹後、伯耆(ほうき)などでは、その地域最大の古墳が港との関係で出現した。このようなことから、丹後王国(丹後政権)論がある。1923年(大正12)に国の史跡に指定された。北近畿タンゴ鉄道宮津線峰山駅から丹後海陸交通バス「丹後庁舎前」下車、徒歩約8分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

世界大百科事典内の神明山古墳の言及

【丹後半島】より

…半島を北流して日本海に注ぐ宇川,竹野川は深い河谷を刻み,狭小な谷底平野がわずかに川沿いに存在する。半島北西部の日本海側には,銚子山古墳(網野町)や神明山古墳(丹後町)など全長200mに近い前方後円墳がある。また半島南東基部の岩滝町から宮津市にかけての一帯に丹後国府が設置されていた可能性があり(官衙跡や寺院跡が確認されている),古くはかなり重要な地域であったらしい。…

※「神明山古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android