コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神西清 じんざいきよし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神西清
じんざいきよし

[生]1903.11.15. 東京
[没]1957.3.11. 東京
小説家,評論家,翻訳家。第一高等学校中退,1928年東京外国語学校卒業。一高在学中,堀辰雄を知り,以後小林秀雄らの『山繭』を経て,『四季』の編集にも堀と行動をともにした。作品に『恢復期』 (1930) ,『垂水』 (42) ,『灰色の眼の女』 (46) などがあるが寡作で,むしろ A.チェーホフ,F.ドストエフスキー,A.プーシキン,I.ツルゲーネフ,V.ガルシン,A.ジッド,H.バルザックなどロシア,フランス文学の翻訳で名声を得た。かたわら,鋭い感受性と冷徹な分析によりすぐれた評論『詩と小説のあひだ』 (47) などを書いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

神西清【じんざいきよし】

小説家,翻訳家。東京生れ。東京外語露文卒。一高時代堀辰雄を知り,同人雑誌四季》《文学界》に参加。戦後は《批評》同人。小説《雪のやどり》《灰色の眼の女》,評論《散文の運命》などのほかチェーホフゴーリキー等のすぐれた翻訳がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神西清 じんざい-きよし

1903-1957 昭和時代の小説家,翻訳家。
明治36年11月15日生まれ。ソ連通商部勤務をへて,文筆生活にはいる。チェーホフ「ワーニャ伯父さん」などロシア文学やフランス文学の翻訳を手がけたほか,小説「灰色の眼の女」「少年」や評論「詩と小説のあひだ」などで注目された。昭和32年3月11日死去。53歳。東京出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神西清
じんざいきよし
(1903―1957)

小説家、翻訳家、評論家。東京・牛込に生まれる。一高理科甲類に入学、堀辰雄(たつお)を知った。東京外国語学校(現東京外国語大学)露語部文科を卒業、ソ連通商部勤務を経て、チェーホフ、ガルシンなどの翻訳に従事したが、小説にも筆をとり、第一短編集『垂水(たるみ)』を1942年(昭和17)に刊行した。第二次世界大戦後は新たにシャルドンヌなどを訳出し、チェーホフ『ワーニャ伯父さん』の訳で文部大臣賞を受賞(1952)、また博大な教養と鋭い美意識を生かした『雪の宿り』(1946。のち作品集『灰色の眼(め)の女』に収録)をはじめとする歴史小説では、新たな古典的文学創造者として注目された。評論集に『詩と小説のあひだ』(1947)、『散文の運命』(1957)がある。[大橋毅彦]
『『神西清全集』全6巻(1961~76・文治堂書店) ▽『灰色の眼の女』(中公文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

神西清の関連キーワードプーシキン(Aleksandr Sergeevich Pushkin)スペードの女王吉村 鉄太郎池田 健太郎四季(文学)シャルドンヌ田園交響楽レスコーフバジョーフ大尉の娘ナドソン昭和時代翻訳文学小説家どん底石の花赤い花初恋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android