コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祭祀財産 さいしざいさん

世界大百科事典 第2版の解説

さいしざいさん【祭祀財産】

祖先の祭りのために使用される家系図,位牌,仏壇,墓碑,墓地などをいう。これは一般の相続財産と切り離され,共同相続の対象とはされない。祭祀財産は被相続人祖先の祭祀を主宰すべき者を指定するときは,その者が承継する。指定は遺言などの方式に限られず,口頭でもよい。この指定がないときは,慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。慣習が明らかでないときは,家庭裁判所が祭祀財産の権利の承継を定める(民法897条2項)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祭祀財産
さいしざいさん

祖先を祀(まつ)るための財産。民法では系譜・祭具・墳墓の総称として用いられる。1947年(昭和22)の改正前の民法では、単独相続人である家督相続人が当然祭祀財産を承継することになっていたが、家督相続が廃止され共同相続が行われる現行民法のもとでも、祭祀財産は分割に適しないので、相続法上一般の相続財産と異なった取扱いを受けることになっている。すなわち、祭祀財産の所有権は共同相続人間で分割される相続財産から除外されて、祖先の祭祀を主宰する者に単独に承継される。祖先の祭祀を主宰する者は、(1)被相続人の遺言による指定で、(2)指定がなければ慣習により、(3)慣習も明らかでないときは家庭裁判所が定めることになっている(民法897条)。[高橋康之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

祭祀財産の関連キーワード離縁

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android