コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英俊 エイシュン

デジタル大辞泉の解説

えい‐しゅん【英俊】

才知などが人より特にすぐれていること。また、その人。俊英

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

英俊 えいしゅん

1518-1596 戦国-織豊時代の僧。
永正(えいしょう)15年生まれ。大和(奈良県)興福寺多聞院(たもんいん)院主。中世から近世の史料として知られる「多聞院日記」の筆者のひとり。天文(てんぶん)3年から没年までの六十余年分をかき,「日記」の主要部分をしめている。文禄(ぶんろく)5年1月死去。79歳。俗姓十市。号は長実房。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えいしゅん【英俊】

才知のすぐれていること。また、その人。俊英。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

英俊の関連キーワードインスタレーションメドハースト東大寺要録高楠順次郎和算と算額十善法語渡辺雲照東条英教キッチュ赤松連城大道長安栂尾祥雲村上英俊真田幸貫労働災害オゾン層岩村通俊堀江興成島地黙雷戸塚彦介

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

英俊の関連情報