英俊(読み)えいしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「英俊」の解説

英俊 えいしゅん

1518-1596 戦国-織豊時代の
永正(えいしょう)15年生まれ。大和(奈良県)興福寺多聞院(たもんいん)院主。中世から近世史料として知られる「多聞院日記」の筆者のひとり。天文(てんぶん)3年から没年までの六十余年分をかき,「日記」の主要部分をしめている。文禄(ぶんろく)5年1月死去。79歳。俗姓は十市。号は長実房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「英俊」の解説

えい‐しゅん【英俊】

〘名〙 才能などが人々より特にすぐれていること。また、その人。
※禅居集(1315)日東侍者「道流英俊来日東、唐土無禅師亦空」 〔史記‐淮陰侯伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「英俊」の解説

【英俊】えいしゆん

才智すぐれた人。左思詠史、八首、二〕 世冑(せいちう)は高位を躡(ふ)み 俊は下僚(かれう)に沈む 地勢之れをして然らしむ 由來、一に非ず

字通「英」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android