英俊(読み)エイシュン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

英俊 えいしゅん

1518-1596 戦国-織豊時代の僧。
永正(えいしょう)15年生まれ。大和(奈良県)興福寺多聞院(たもんいん)院主。中世から近世の史料として知られる「多聞院日記」の筆者のひとり。天文(てんぶん)3年から没年までの六十余年分をかき,「日記」の主要部分をしめている。文禄(ぶんろく)5年1月死去。79歳。俗姓十市。号は長実房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいしゅん【英俊】

才知のすぐれていること。また、その人。俊英。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えい‐しゅん【英俊】

〘名〙 才能などが人々より特にすぐれていること。また、その人。
※禅居集(1315)日東俊侍者「道流英俊来日東、唐土無禅師亦空」 〔史記‐淮陰侯伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

英俊の関連情報